精神分析事典

制作 : 相田 信男  大野 裕  岡野 憲一郎  小川 豊昭  笠井 仁  川谷 大治  斎藤 久美子  鑪 幹八郎  舘 哲朗  馬場 謙一  馬場 禮子  福井 敏  丸田俊彦  満岡 義敬 
  • 岩崎学術出版社
3.80
  • (2)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (690ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784753302031

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • どの項目も詳しく解説されているのだが、説明がくどくなく、簡潔でわかりやすい。精神分析でわからない単語があった時は、下手にネットで検索したり入門書を読むよりも、この事典で調べた方が絶対に良い。なぜなら実際に調べてみるとわかるのだが、精神分析についてはネットや入門書には載っていない専門用語がたくさんあるからだ。
    難点は定価2万円と非常に高価なところ。海外の精神分析事典の翻訳版よりも高い。それでも購入を迷うほど内容が良い。いつか買いたい。

  • いつか買いたい。
    絶対欲しい。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

小此木啓吾(おこのぎ けいご)

1930年生まれ。慶應義塾大学医学部卒業。慶應義塾大学医学部精神神経科助教授、同大学環境情報学部および医学部精神神経科兼担教授をへて、東京国際大学大学院臨床心理学研究科教授、慶應義塾大学環境情報学部客員教授などを歴任。日本精神分析学会会長など数々の役職を務め、現在、日本の精神分析界を中心で担う優秀な臨床家を数多く育てた。2003年9月逝去。
著書に『現代精神分析1・2』『フロイト-その自我の軌跡』『現代精神分析の基礎理論』『日本人の阿闍世コンプレックス』『対象喪失』『自己愛人間』『心の臨床家のための必携精神医学ハンドブック』など多数。

「2016年 『精神分析のおはなし』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小此木啓吾の作品

ツイートする
×