こころを使うということ―いま求められる心理職のアイデンティティ

  • 岩崎学術出版社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (424ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784753311675

作品紹介・あらすじ

「私は心理職に求められるプロフェッショナルな素養とは何かをパートナー職である精神科医の立場から長年考えてきた。……すなわち、精神科医にとってもっとも頼りになるのは、力動的な視点と投映法を得意とする心理職である」(「はじめに」より)東京大学「職域・地域架橋型-価値に基づく支援者育成」プログラム(TICPOC)医学部精神医学教室C-1 コース2019年の連続講義から,力動的視点をもつ専門家,最前線で活躍する精神科医・心理臨床職の講義を採録。「values-informed care」、そして治療の「共同創造」の実際をケースから体感できるエッセンス。藤山直樹氏と熊谷晋一郎氏の特別対談も収録!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2月新着
    東京大学医学図書館の所蔵情報
    http://opac.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/opac/opac_link/bibid/2003541361

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

上智大学名誉教授、精神分析家。

「2020年 『こころを使うということ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

藤山直樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エーリッヒ・フロ...
ヤーコ・セイック...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×