精神療法の人間学―生活習慣を処方する

著者 :
  • 岩崎学術出版社
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 6
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784753311712

作品紹介・あらすじ

「精神科医という職業を選ぶとは、ある運命を引き受けることを意味する。それは、人間を生涯のテーマとするということである。」島崎敏樹を祖とする、本邦の精神医学における人間学派の系譜を受け継ぐ著者は、「精神科医の仕事は、精神療法にある」「精神医学の本質は、人間学にある」という命題のもと、日々の臨床で患者とともに「人間とは何か」「人生とは何か」「生きるとは何か」を問いつづけ、言葉を、生活習慣を処方している。そこにみる、精神療法家としての精神科医のあるべき姿とは、その良心とは、哲学とは。そして、精神科医の矜持とは――。若手医師必読のみならず、患者をはじめ、あらゆる精神科医療関係者へ届けたい、「読む薬」

著者プロフィール

1962年神奈川県生まれ。現在、獨協医科大学越谷病院こころの診療科教授

「2021年 『コロナ禍の臨床を問う』 で使われていた紹介文から引用しています。」

井原裕の作品

精神療法の人間学―生活習慣を処方するを本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×