発達障害のある子育て―家族で支える・家族を支える

著者 :
  • 岩崎学術出版社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 6
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784753311842

作品紹介・あらすじ

発達障害の子育てをしているお母さんに、折々心に留めておいてほしいことを書いてみました。発達障害の育児はとても大変そうです。なんだか他人事のような言い方ですが、本当の大変さは実際に育てているお母さんでないとわからないと思います。発達障害の支援とは「それぞれが生まれ持っている凸凹を分析し、それに見合ったサポートをすることにより、不適応状態を改善していくこと」です。その最終ゴールは「支援がなくても、あるいは支援が最小限でも、毎日の生活がある程度スムーズに進んでいくようになること」です。そのためには、子どもを育てていく家族、特に母親の役割は重大です。でも、不安に思うことはありません。これから一緒に考えていきましょう。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 9月新着
    東京大学医学図書館の所蔵情報
    http://opac.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/opac/opac_link/bibid/2003573325

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1969年東京都に生まれる。1995年東京大学医学部医学科卒業。1995~1996年東京大学医学部附属病院小児科。1996~1999年千葉徳洲会病院小児科。1999~2003年東京大学大学院医学系研究科生殖・発達・加齢医学専攻。2003~2007年国立成育医療センターこころの診療部発達心理科。2006~2007年フィラデルフィア小児病院児童精神科。2007~2008年横須賀市療育相談センター開設準備室長。2008年~横須賀市療育相談センター所長。2015年~放送大学客員准教授。

「2020年 『発達障害支援の実際』 で使われていた紹介文から引用しています。」

広瀬宏之の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×