遊戯療法 (心身障害双書 6)

制作 : 小林 治夫 
  • 岩崎学術出版社
4.75
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (366ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784753372058

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アクスラインの著作。なぜか分からないけど何かボリュームがあったような気がしました。
    実際のセラピーでのやりとりの記述があったので、こんな風に応答してるのか!というのを見ることができました。これ見てるだけでも子どもの様子がめっちゃ可愛らしいというか、いじらしいというか、それでもってすごい力を持っているなと思いました。
    応答ではほんっとに徹底してそのまま反射してるので、びっくりしました。なんだか禅問答じゃないけど、普通の会話じゃない。いかに解釈や価値評価を入れないようにすることが難しいのか、ということが分かりました。
    どうするんだろう?というような場面も時に出てきていて、そう行くのか…!という応答も。
    言葉が柔らかくて、読みやすかったです。
    けっこうボリュームがあるように感じたのは何でか分かりませんけど。
    全てのレビューを見る(1) | 編集

  • アクスラインのプレイの本。分厚いので持ち歩いて読むのには向いてませんが、プレイっていうのはこういう風にするものか、というのがわかる名著。写真が載ってるのもいい。

全2件中 1 - 2件を表示

V.M.アクスラインの作品

ツイートする