大正製薬 上原正吉とその妻小枝―わずか七人の会社からの出発だった

著者 :
  • 栄光出版社
4.00
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 9
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (259ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784754101336

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 大正製薬元社長上原正吉の伝記。
    大正製薬所への入社から、逝去までが描かれる。

    本書を読んでその行動力や先見の明の素晴らしさを目の当たりにして、
    改めて、松下幸之助ら昭和初期の日本の経営者の偉大さを実感できる。
    また、ビジネスにおけるリーダーシップの重要さは言わずもがな、
    フォロワーをどう牽引していくかが重要であることもよく分かる。

    経営者という立場になれるビジネスパーソンは少ないが、
    常識に捕らわれずむしろ疑うこと、「Why」と「How」を常に考えることは、
    全ビジネスパーソンが参考にすべき仕事に臨む姿勢であろう。

    自分の仕事に対する自信・・・この有無を自省させられた。

全2件中 1 - 2件を表示

仲俊二郎の作品

ツイートする
×