凛として (女性の社会進出に道を開いた下田歌子)

著者 :
  • 栄光出版社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784754101466

作品紹介・あらすじ

女子にも教育が必要です。歌子は皇后の厚い信頼と努力で異例の出世を果たした。それを妬む誹謗中傷の嵐の中、実践女学校を創立、華族女学校学監、学習院教授として、女子教育の必要性と地位向上に道を開いた下田歌子の凛とした生き方。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 日本の近代女性教育を創り出してきた人に下田歌子という人がいるが、下田歌子に興味をもってどんな人だったのかを知るために読んだ。

    下田歌子の業績などを知るために読もうと思ったのがなんでこの本だったのかは忘れてしまったが、これは期待していた客観的な人物像を描く本ではなく、下田歌子とその周辺の資料をもとにした小説だった。

    下田歌子にたいするおおまかな経歴、業績などについてはおそらく虚構ではないと思うので、自分の期待していたものはおおまかには得ることができたかなと思うが、小説なので下田歌子とその味方についてはとても好意的な描写をしているが、その敵対者につてはものすごく悪辣な表現をしている。

    小説なのでそれでいいのだけれど、人物像についてはかなりの虚構が入り込んでいるのではないかという気がする。

    同じように業績などについても読みやすさ優先で細部がかなり簡略化されていて、もっと詳細を知りたいのなら参考文献にあたってみるしかない。

    とはいえ、男尊女卑が強かった明治の時代に自らの才覚でもって政治や社会とわたりあい、大きな業績を残した女傑という面からはなかなか面白い小説ではあった。

  • 岩村出身の下田歌子。歌人としても名高い彼女の業績を顕彰し始まった「下田歌子賞」。去年の12月に13回目を迎えました。
    江戸時代から明治維新に移行する激動の時代、まだ女子教育に重きが置かれていない世を変えるため、教育に人生をささげた日本女子教育の先駆者の生涯に迫ります。

  • 帯文:”女性の社会進出に道を開く。” ”我国初のキャリアウーマン下田歌子の凛とした生き方。”

    目次:1 ぬれぎぬ、2 忍び寄る危機、3 四面楚歌、4 招かれざる嵐、5 極貧にもめげず、6 青雲の大志に燃えて、7 夜明け前、8 宮中出仕、9 桃夭女塾を創立、10 華族女学校時代、11 満を持して実践女学校を創立

全3件中 1 - 3件を表示

仲俊二郎の作品

ツイートする
×