自立へ追い立てられる社会 [定価2000円+税]

  • インパクト出版会
3.67
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 54
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (276ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784755403057

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • "個人が生きる意味を失ってゆく時代の中で「あなたはあなたのままでいい」という承認論は必要であった。しかし、それに覆われ、経済的不平等を問う論理は縮減した。不平等への反論抜きの承認論だけで乗り越えようとする「承認の野蛮化」の事態が続いてきたのだ"
    "不平等を論じない承認論は健在た。彼は言葉の「平等」は言うが、経済的不平等に関しては触れず、愛や意識の問題に導いてゆく傾向がある。"
    "調査結果ではむしろ生活満足度が高くなるほど貧困を自己責任と考える傾向があるとする"
    "バッシングは受給者の悪魔化によって成立し、自立支援はパターナリズムから支持される"
    "自立とはフィクションであって、依存とはリアルな関係性である。べつに依存は自立の準備のための踏み台ではない"
    "近現代社会は「働いてカネを得る」という行為に過剰な意味づけをして、特権的な地位を与えている。しかしそれは獲得という一行為に「依存」しているだけである"

  • 東2法経図・6F開架:304A/H72j//K

全3件中 1 - 3件を表示
ツイートする
×