フランス官僚エリートの源流

著者 :
  • 芦書房
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 3
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (267ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784755610790

作品紹介・あらすじ

第1部では、官僚エリート像を究明する。従来の「高級官僚」という用語の曖昧さを指摘し、重要な政治的役割を果たす官僚という意味で官僚エリートの概念を導入する。官僚エリートは大統領官房等を政治的影響力の拠点とする。第2部では、官僚エリートの起源を明らかにする。フランス=プロイセン戦争の敗北を契機とし、民主主義の潮流の中でブルジョワジーは官僚エリートの養成によって政治的実権を維持しようとした。

著者プロフィール

永井 良和(関西大学教授)

「2016年 『質的調査の方法〔第2版〕』 で使われていた紹介文から引用しています。」

永井良和の作品

フランス官僚エリートの源流を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×