計算機屋かく戦えり

著者 : 遠藤諭
  • アスキー (1996年10月発売)
3.58
  • (6)
  • (1)
  • (11)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :40
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (461ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784756106070

計算機屋かく戦えりの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2015/11/15 読了

  • 作りたいから作った。という理由故に、望まれていない誕生だったせいなのか、情報が少ない黎明期の電子計算機の出生話を、ギリギリ間に合った時代に親本人の話を聞いてくれたことに感謝。
    黎明期の電子計算機には、アカデミズムやビジネスの臭いが少なく、現在で言うサブカルチャー的ものを感じる。

  • 計算機屋は確かに激しく戦ったが、現在の世界を見るとその成果が生かされているとは思いにくいのである。しかし書きにくい題材を、綿密なインタビューで一つの本にした著者と出版社に拍手をおくりたい。20年後くらいに歴史書としての評価を得るようになるかもしれない。

  • こんな時代もあったのだね。

全6件中 1 - 6件を表示

遠藤諭の作品

計算機屋かく戦えりはこんな本です

ツイートする