プログラミング作法

  • アスキー
3.69
  • (65)
  • (60)
  • (146)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 1035
レビュー : 58
  • Amazon.co.jp ・本 (355ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784756136497

作品紹介・あらすじ

カーニハンとパイクによるプログラミング解説書の決定版!プログラミングをする際に出会うさまざまな問題について、実例コードを示して実践的にアドバイス。C/C++/Java等で記述された現実のコードも多数掲載。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • コーディング規約からアルゴリズム,CSVファイル読み込み実装まで
    プログラミングに関する手法についていろいろ説明している。具体的にはC言語を例としてどういうコードを書けばよいかについてサンプルをいろいろ掲載している。
    個人的に特に有用だったのは1章のコーディングスタイルとCSVファイルの読み込み方法。読みやすいコードを書くには,「リーダブルコード」という本も参考になる。一部重複している内容があった。
    CやC++にはCSVファイルを読み込む標準的な方法やライブラリはなく自分で実装する必要がある。プロトタイプを作りながら,汎用的にするにはどうすればいいか具体的に書かれており参考になった。
    テストやプロファイルなど広範に渡っており有用な書籍だと思った。

  • これは必読

  • あまりに昔すぎて何が書いてあったかよく覚えていない。
    当時はすごく良い印象を受けた記憶がある。
    再読する。

  • コードの書き方の注意点など。文法を習得したら、次に読んでほしい。

    • kaizenさん
      原語は,文法から入る前に、書き方から入るのも手です。母語方式と呼んだりしています。
      原語は,文法から入る前に、書き方から入るのも手です。母語方式と呼んだりしています。
      2011/10/22
  • SEなら読むべき

  • C言語の父、カーニハンによるプログラミングの作法指南。C++や、Javaでの解説もあり、父は子供や曾孫にまで気を配るのかと関心(C++やJava はCを直系の先祖とする)。内容は、当たり前なのであるが、これができていないソフトウエアエンジニアが実に多い。コードコンプリートを読む前に読むと、コードコンプリートに対する理解が深まる。カーニハンに敬意を表すためにも、星5つです。

  • 考え方は今でも参考になると思う

  • 2016/04/24 読了

  • 自分のエンジニア力ではまだ理解できてないところがかなりあったが、コードを書くときの、一般的な作法について、しっかり書かれていた。
    もう少し時間を置いてから、再読したい。

  • 2000年出版ということもあり、若干時代の流れを感じる。
    デバッグやコードレベルのパフォーマンスチューニングなど各項目の考え方は有用に感じた。
    多くはClangで解説しているので、メモリやアドレスの処理など低レイヤーの話が多く、不慣れなせいか読むのに疲れた。

全58件中 1 - 10件を表示

福崎俊博の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デイビッド フラ...
ジェラルド・ジェ...
有効な右矢印 無効な右矢印

プログラミング作法を本棚に登録しているひと

ツイートする
×