企画魂―プレゼン兄貴のかけこみ企画書相談室

著者 :
  • アスキー・メディアワークス
3.33
  • (5)
  • (0)
  • (21)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 53
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784756146168

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 20121021 タイトルや体裁はくだけているが中身はキチンとしたビジネス書。最近の仕事ではどの分野でも参考になる本だと思う。

  • さらーっと読めた。

  • 去年、提案書の作成に苦しんでいた頃に読んだ本。「だからお前はダメなんだ」という帯に書かれたキャッチに惹かれて買ったら大当たりだった。
    企画を依頼されてから、企画書を提出・プレゼンまでの過程を7つのステップに分けて解説した本で、著者が実際に使用している(していた?)ツールの紹介や使い方を紹介していたり、本の流れにそってひとつの企画書を実際に書いてしまっている点もありがたい。この本を買うかどうか悩んだら、巻末近くの「完成した企画書全」を読んでみて、気に入ったら買うと良いと思う。

    7つのステップは概念的な説明ではなく、実際に企画を生み出していく過程を具体的に書いてくれているので、実際に自分の仕事で試しながら進めることが出来る。過去に読んだこの類いの本の中では、最も実践的な本だと思う。

    自分が書かなければいけない企画書の分野がこの本と一致していたわけではないので、実際の仕事の中で使用するのはなかなか骨が折れ、未だに使いこなせているとは言いがたい。どの本を読む場合でもそうだと思うが、本を読むことは表面的な知識の吸収でしかないので、実際に自分の力にしていくためには実践を繰り返すしか無いということか。
    現在自分が使用しているマインドマップツール「マップイッ」を知ったのもこの本で、ツールとその使用法の紹介だけでも買う価値があるかも。

全5件中 1 - 5件を表示

竹島愼一郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×