はじめてのせかいちずえほん

制作 : 赤澤 豊  てづか あけみ 
  • パイインターナショナル
3.94
  • (5)
  • (8)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 116
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784756241078

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • (2018年7月)
    前に古本で購入してたもの。
    夫が中国出張中に、7歳児Fが
    「おねえちゃんのいるロンドンはいま何時…?」
    と聞いてきて、(なぜ中国のことを聞かぬ)と思いつつも、
    「よーしよし、時差に興味が出てきたか、世界に興味が出てきたか」
    とうれしく思い引っ張り出して読み。

    富士山よりももっと高い山がある、ということに7歳児Fはおどろいていた。
    2歳児Aはアフリカの地図を見て、「ここはーどうぶつえんでー、きりんさんがいてー」とか話していた。


    (2019年1月)
    夫フランス出張中に出し。
    8歳児Fにフランスはここ、と教えておいた。
    そのあとは一人でめくっていた。
    やはり時差が気になるようである。
    「モスクワはいまなんじ?ねえね(伯母。イギリス赴任中)のとこは?パパのいるところは?」としきりに聞いてきた。不思議だよね。

  • [墨田区図書館]

    「はじめてのえいごでおしゃべりえほん」
    http://booklog.jp/item/1/4756240488
    を思いだし、その流れで、パイインターナショナルの本を検索して借りてきた一冊。やはり、この出版社はデザインが優れている。

    最初、地図の本か↘と思ったみたいだったが、イラストのおかげで読み進んだみたいで、途中世界の山々のページでは、富士山とヒマラヤの大きさの違いに驚いていた。そうか、まだその大きき感はなかったのか。続く川の長さにも。きっとアマゾン川は名前だけしっていて、それよりもナイル川が長いことで、アマゾン川なんて大したことないじゃんという感じ(笑)。信濃川がランク外で併記されていることに気づいたかな。

    その二点で日本の小ささを感じられたのなら、それだけでもまた発見があってよかった。

  • 楽しいだけでなく、世界のいろいろな情報が載っていて面白い!

  • かわいい、たのしい。地図のページの他にも、いまなんじ?とか家、どうぶつ、のりもの、温度、などのページもあって、なんどもいったりもどったりページをめくって眺めてしまう。素敵なちずえほん。

全4件中 1 - 4件を表示

はじめてのせかいちずえほんのその他の作品

ツイートする