名作アニメの風景50-誰もが知っているあの物語の舞台へ

  • パイインターナショナル
3.56
  • (2)
  • (7)
  • (6)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 85
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784756242242

作品紹介・あらすじ

誰もが知っているあの物語の舞台へ。写真で巡る名作アニメの旅。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 名作アニメの舞台となった地50を紹介。やっぱりここなんだとか、意外に思った土地もあって、面白かった。皆懐かしいと思ったのはアニメで観た記憶がよびさまされるからなんだろな。

  • アニメの舞台となった風景の写真集。
    しかし、写真だけでなく、アニメの解説、名句が添えられており、引き込まれる。
    その土地に行ってみたくなる一冊。

    以下、心に残ったフレーズ。
    「女の子には、生まれる街と生まれ変わる街がある。」…『魔女の宅急便』スウェーデン・ストックホルム
    「ひとつ海を渡ると、男の子は男になる」…『母をたずねて三千里(2)』イタリア・ジェノバ
    「冒険話は、子どもを大人にする。大人を子どもにする。」…『アラビアンナイト シンドバッドの冒険(1)』アラビア半島

  • どーんと風景写真が載っていて、ザ・フォトエージェンシーって感じの写真なんだけれども、アニメのシーンと一緒に見ると楽しく眺められる。風景写真だけではそれほど楽しめない風情のない人間でも、こうすると(物語を付加すると)楽しめるんだなあ、という発見。

  • みんなの好きなアニメの場面があるよね。その好きな場面の舞台があるかもしれないから、気になる人は読んでみてね。日本のアニメもあるし、先生の好きなアニメもあるかもしれません。

  • ハイジのスイス、アンのプリンス・エドワード島、など、名作アニメの舞台の写真集。きれいな景色がいっぱい。建物の中とかもあるけど。フランダースの犬のラストの大聖堂とか。魔女の宅急便も、いいよねえ。豚はあんまり好きじゃないけど、ジブリやっぱりさすがなのねと。知らない作品のも多いけど、素敵な写真、楽しみました。夜景もいいねえ。

  • 誰もが知っている名作アニメの風景を美しい写真で見ることができます!!!この本を読んで,もう一度好きなアニメを見ると今よりももっと楽しく見ることができるかも...C.F. OPAC→http://libopac.lib.juen.ac.jp/opac/opac_details.cgi?lang=0&amode=11&place=&bibid=1000009883&key=B138792642323620&start=1&srmode=0

  • 女の子には、生まれる街と生まれ変わる街がある。

  • ☆4.1
    『魔女の宅急便』スウェーデン・ストックホルム
    『アルプスの少女ハイジ』スイス
    『赤毛のアン』カナダ・プリンスエドワード島
    『紅の豚』イタリア・アドリア海
    『名犬ラッシー』イングランド・ヨークシャー地方
    『ムーミン』フィンランド
    『ルパン三世』フランス・ルーブル&サウジアラビア・メッカ
    『あらいぐまラスカル』アメリカ・ウィスコンシン州
    『七つの海のティコ』イタリア・シチリア島

    などなど、私くらいの年代にはどんぴしゃなアニメの舞台となった場所の写真集。もうほんっとに綺麗!!
    添えられてる一言も素敵。

  •  疲れると、癒されたくなるものよ…。

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1980年、アフロフォトエージェンシーとして設立。自社での撮影業務及び、国内外の写真家約2000名の作品を取り扱う。1998年には、日本オリンピック委員会オフィシャルフォトエージェンシーに認定。2006年にアフロに社名変更。風景をはじめ、人物・スポーツ・食・動物・イラスト・ファインアートなどの広告向け写真から、出版・報道写真まで、幅広い写真コンテンツを取り扱い、広告・出版・テレビ業界へ日々写真を提供し続けている。

「2016年 『絶対に行きたい! 世界遺産120』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アフロの作品

名作アニメの風景50-誰もが知っているあの物語の舞台へを本棚に登録しているひと

ツイートする