薔薇色の鳥の本

著者 :
制作 : 梶野沙羅 
  • パイインターナショナル
4.32
  • (25)
  • (25)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 225
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (299ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784756242266

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 迷った時や悩んでいる時に開くと、すっと肩の力が抜けて、見失っていたものに気づかされる一冊。心が温かいもので包み込まれて、ほぐれていくような感覚。石井ゆかりさんの感性と美しい表現がとても好きです。

  • 青い鳥の本に続く第2弾。
    ビブリオマンシーという言葉を、
    この本を通じて知りました。

    その日の気分で、
    青い鳥にしようか、
    薔薇色の鳥にしようか、

    また新たな楽しみができました。

  • ビブリオマンシーとしてほぼ毎朝ひらいている。
    同じページを開くことが本当によくある。
    そして納得すること多々。

  • 悩んでるとき、夜どうしても考えが暗い方に行きかけたとき、開くと心が軽くなる。

  • 華やかで優しい装丁にうっとり。
    中身もきっと優しさでいっぱいなのだろうと思います。

  • 『青い鳥の本』に続く第二弾は『薔薇色の鳥』!!
    石井ゆかりさんの静かで優しい言葉が胸に染み込んでくる。
    本当の強さとはなにかが、解るような。

    青い鳥同様、梶野沙羅さんの絵がとてもやさしくて美しく、
    眺めているだけでも癒されることこの上ない。

  • 毎日開くと、はっとする言葉がある。
    装丁もキレイです。

  • 青い鳥の本の続編。かわいくて心が暖まる本。

全23件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

ライター。星占いの記事やエッセイなどを執筆。2010年刊行の「12星座シリーズ」(WAVE出版)は120万部を超えるベストセラーになった。『12星座』『星をさがす』(WAVE出版)、「3年の星占いシリーズ」(文響社)、『禅語』『青い鳥の本』(パイインターナショナル)、『新装版 月のとびら』(CCCメディアハウス)、『星ダイアリー』(幻冬舎コミックス)ほか著書多数。
Webサイト「筋トレ」http://st.sakura.ne.jp/~iyukari/

「2019年 『月で読む あしたの星占い』 で使われていた紹介文から引用しています。」

石井ゆかりの作品

ツイートする