薔薇色の鳥の本

著者 :
制作 : 梶野沙羅 
  • パイインターナショナル
4.32
  • (25)
  • (25)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 225
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (299ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784756242266

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • とてもきれいな本です。

    私はエッセイとして読みました。
    ゆかりさんの言葉と、挿絵のイラストのマッチングが素晴らしく、くたびれた時のエネルギー回復用に、大切に使わせていただこうと思います。

  • 石井ゆかりさんの本一斉登録中。

  • ゆかりさんの美しいコトバの数々。

  • 安心する本。
    辛いことは言われないし、それがありがたくて、とっても元気になる本。

  • 装丁と中のイラスト買い。
    初めてみたイラストでしたがとても可愛くてほんわかした暖かい絵です。

  • いわゆるビブリオマンシーとしての使い方のほか、純粋にエッセイとして読んでも。優しい文章に癒やされ励まされます。凹んだ時に読みたくなる本。

  • 所謂ビブリオマンシー本。
    自分の中の答えを探したい時によく使います。

  • めそってたら先輩が貸してくれた本。普段忘れかけてることとか思い出させてくれて、振り返ったり考えるきっかけを与えてくれる作品。

  • ・仕事や試験などでは、「できなければ諦める」という選択肢も選びやすいが、恋愛や人間関係は「できないなりにある程度まで粘ってみる」という方が優れている。

    ・無目的に、無意味にやっていることが、人にとってどんなに大切か。
    何の役に立つかとか、どんな刺激が味わえるかとか「その先」を探しまくっているときには、目の前にある「なんともいい感じ」のことに気づくことはない。

    ・言葉は、意味によって伝えたいことを切り刻んでしまうので、大切な微妙な感情が、こぼれおちてしまうのです。ハートや花束を使うのは、言葉にするのが照れくさいからではなくて、その方がずっと「正確」だならなのかもしれません。

    ・ある一時期、めいっぱい関わって育てた関係は、その後長い間会わなくてもずっと続いていったりするものです。

    ・言葉の数しか気持ちに種類がないとしたら、多分恋なんか生まれようがないのかもしれません。

    ・人々は口をそろえて、死んだ人を惜しんだり褒めたりするが、それを全部、生きている間に言ってあげれば良かったのに!と思います。

    ・恋愛という柔らかいものを、論理や正しさというナイフで切り刻み続けると、いつか自分や相手を傷つけてしまうことになる。

    ・目は見られるためではなく、見るための器官。多分、1番美しい目というのら、何かを一生懸命に見つめたり、見出そうもしている目だと思う。

    ・誰もが誰かの好意に支えられて生きているのだと思います。相手に好きだと伝えたなら、それだけで強力な支えを相手に贈れたのです。

    ・愛や恋に一般的なものなどない。「普通の恋がしたい」「みんなと同じように幸せになりたい」というのは、まずスタートラインが間違っている。愛や恋はすべて、ほかの愛や恋とは違っている。

  • ビブリオマンシー2冊目。

  • 迷った時や悩んでいる時に開くと、すっと肩の力が抜けて、見失っていたものに気づかされる一冊。心が温かいもので包み込まれて、ほぐれていくような感覚。石井ゆかりさんの感性と美しい表現がとても好きです。

  • 青い鳥の本に続く第2弾。
    ビブリオマンシーという言葉を、
    この本を通じて知りました。

    その日の気分で、
    青い鳥にしようか、
    薔薇色の鳥にしようか、

    また新たな楽しみができました。

  • ビブリオマンシーとしてほぼ毎朝ひらいている。
    同じページを開くことが本当によくある。
    そして納得すること多々。

  • 悩んでるとき、夜どうしても考えが暗い方に行きかけたとき、開くと心が軽くなる。

  • 華やかで優しい装丁にうっとり。
    中身もきっと優しさでいっぱいなのだろうと思います。

  • 『青い鳥の本』に続く第二弾は『薔薇色の鳥』!!
    石井ゆかりさんの静かで優しい言葉が胸に染み込んでくる。
    本当の強さとはなにかが、解るような。

    青い鳥同様、梶野沙羅さんの絵がとてもやさしくて美しく、
    眺めているだけでも癒されることこの上ない。

  • 毎日開くと、はっとする言葉がある。
    装丁もキレイです。

  • 青い鳥の本の続編。かわいくて心が暖まる本。

全23件中 1 - 20件を表示

著者プロフィール

ライター。星占いの記事やエッセイなどを執筆。2010年刊行の「12星座シリーズ」(WAVE出版)は120万部を超えるベストセラーになった。『12星座』『星をさがす』(WAVE出版)、「3年の星占いシリーズ」(文響社)、『禅語』『青い鳥の本』(パイインターナショナル)、『新装版 月のとびら』(CCCメディアハウス)、『星ダイアリー』(幻冬舎コミックス)ほか著書多数。
Webサイト「筋トレ」http://st.sakura.ne.jp/~iyukari/

「2019年 『月で読む あしたの星占い』 で使われていた紹介文から引用しています。」

石井ゆかりの作品

薔薇色の鳥の本を本棚に登録しているひと

ツイートする