心に残る名作コピー

  • パイインターナショナル
3.78
  • (13)
  • (30)
  • (24)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 243
レビュー : 25
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784756242310

作品紹介・あらすじ

語り継がれるべき225の名作コピー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • コピーって面白いなあってつくづく思う。
    すごいコピーはたった一言と絵で、ずっと頭にイメージが残ってしまう。
    CMと合わされば、リズムまでも。

    それで商品と企業名が結びつく。
    ま、企業名と結びつかなくても消費者は関係ないか。
    んー、お父さんの務めている会社が作っている商品だってアピールするにはいいか。

    そして過去のコピーを見てみると、その当時あんまり心に響かなかった言葉が今グッとくるものもある。

    「十歳にして愛を知った」

    これ事務器の広告なんだよなあ。

    「六百年前、桜を全部、切りました。
     春より秋を選んだお寺です。」

    やべえ。句読点の位置が半端なく良い。

    「このままじゃ、私、可愛いだけだ。」

    心の声で表現するのってグッとくる。

    コピーライターになりたかったのか。コピーを読むのが好きなのか。

  • コピーってのは
    ほんの数文字でできた小説じゃなかろうか。

  • 80年代頃~現在で、印象が強いコマーシャルやポスターとそのキャッチコピーが選ばれカラーで紹介されている。料金もお手頃だし、その時のコピーでその時の思い出も蘇る。特にルミネのポスターのキャッチコピーは、いつも秀逸だなと思う。

  • 『人は貧しいという理由で死んではいけない』


    一言で、人の心をぐっとさせるコピーが大好きだ。こんなに短時間で感情を揺さぶるものが、他にあるか。

  • この表紙の金ぴかはないな・・・

  • おもしろかった!
    こらからは、ちゃんと広告コピーを読もう。

  • 名作なんだけど、コレじゃない感

    古いものは刺さるわけでもなく、懐かしいだけで、響くわけではないし、崇めるのも過去にすがるようでキツイ。

    よし、今を見つめよう。

  • 「昨日は、何時間生きていましたか。」
    「誰だ。こんなとこにうまい酒を置いたのは。」
    「仕事を聞かれて、会社名で答えるような奴には、負けない。」
    「ぜんぶ脱いだあとに着るベネトン。」

  • 懐かしいのもたくさんある。時代の鏡。

  • P113 想い出の街。

全25件中 1 - 10件を表示

心に残る名作コピーを本棚に登録しているひと

ツイートする