おとぎ話の古書案内

制作 : 海野 弘 
  • パイインターナショナル
4.17
  • (15)
  • (14)
  • (6)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 264
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (282ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784756242778

作品紹介・あらすじ

夢のような、おとぎ話のアンティークブックを大公開!かわいい子どもの絵本・たのしいしかけ本・瀟洒な大人の挿絵本etc…魅惑的なヨーロッパ絵本の世界へようこそ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 前世期の挿絵本や絵本にとても興味があるのですが、
    オリジナルはもう美術品扱いですし、入手がなかなか難しいです。ずばり高いです。
    この本では、可愛い凝った装丁で、19世紀~20世紀初頭の黄金期の挿絵からロシアや東欧の絵本まで、とても幅広くさまざまな作家さんを紹介してくれます。図版も大きいので見応えがあります。この本がきっかけで蒐集を始めてしまう方もいるかも??
    かくいう私も「ファウスト」のハリー・クラークの挿絵がやっぱり好きなので荒俣先生訳の本など買っちゃおうかなあと思っています。

    • imogenさん
      お返事ありがとうございます。
      表現を極めたいという欲求・・・うーんすごいですね!
      でも素晴らしい挿絵本、絵本がどんどん生まれた時代ならではの...
      お返事ありがとうございます。
      表現を極めたいという欲求・・・うーんすごいですね!
      でも素晴らしい挿絵本、絵本がどんどん生まれた時代ならではの熱気を感じます。絵師と技術士、発行元がすべて限界を超えたものをつくりあげてしまうような…そんな空気。すごい現場だったでしょうね。
      2013/04/21
    • nejidonさん
      はじめまして。
      先日は「ふしぎなオルガン」をお気に入りにいれてくださってありがとうございます。
      この本、魅力的ですね。
      入手が難しそうな上に...
      はじめまして。
      先日は「ふしぎなオルガン」をお気に入りにいれてくださってありがとうございます。
      この本、魅力的ですね。
      入手が難しそうな上に、価格もかなりのものになりそう。
      でも読んでみたいです。
      海野弘さんの「江戸ふしぎ草子」を読んだことがありますが、面白かったですよ。
      毎夕穴を掘って、朝になると埋めている老人の話とか。
      あの方の本なら食指が動いてしまいます。
      ご紹介いただき、ありがとうございました。
      本棚のラインナップも素敵ですね。
      また覗きに参りますね。どうぞよろしくお願いします。
      2013/04/26
    • imogenさん
      nejidonさん
      はじめまして。コメントありがとうございます。
      「ふしぎなオルガン」とても素敵なレビューでした。
      ぜひ読んでみたいと思って...
      nejidonさん
      はじめまして。コメントありがとうございます。
      「ふしぎなオルガン」とても素敵なレビューでした。
      ぜひ読んでみたいと思ってポチっとさせていただきました♪
      nejidonさんの本棚は絵本もたくさんで、読みきかせをしていらっしゃる体験を交えて書いてらっしゃるのがとても素敵ですね。
      子どもたちはとても素直に反応するので、
      どんな本をどんなふうに感じるのかとても面白いですね。
      こちらこそ、ぜひときどきお邪魔させてください。
      フォローさせていただいてもよろしいでしょうか?どうぞよろしくお願いします。

      ところでこの本の海野弘さん、江戸の小説も書かれているのですね。「太陽」編集長だったり、アール・ヌーボーやデコなど欧米の世紀末美術などに造詣の深い方というイメージなのですが、さまざまの世界をお持ちの方なのですね。
      この本自体は最近の出版ですが、古い時代の美しい挿絵本や絵本を紹介していて(かなりバラエティに富んだ内容です)、しかし、それらがなかなか入手困難なのです。
      私はチェコのミルコ・ハナークやグラビアンスキーなど、東欧の鳥や動物の出てくる絵本が大好きで、集めているのですが絶版が多くてなかなか集まりません…。
      2013/04/26
  • 美しい挿絵本、楽しい仕掛け本などの紹介。
    ただ眺めているだけでも面白い。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「ただ眺めているだけでも」
      タメ息が出ます。
      コノ手の本はお財布の敵かも知れません。。。
      「ただ眺めているだけでも」
      タメ息が出ます。
      コノ手の本はお財布の敵かも知れません。。。
      2012/11/28
  • 仕掛け仕立てになっていて、より目で楽しむ内容になってました。ヴァージニアの絵は寒色の表現がとても綺麗です。好きな画家の絵が紹介されてて嬉しかった!古書紹介といいながらも童話挿絵で活躍されてた画家を知るには良い資料になる。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「寒色の表現がとても綺麗」
      デザイン的に素晴しいし、淡い色の重なりが、この世のものとは思えない美しさですよね。
      「寒色の表現がとても綺麗」
      デザイン的に素晴しいし、淡い色の重なりが、この世のものとは思えない美しさですよね。
      2013/06/17
  • 世界のおとぎ話がのっている本。

    とりたてて面白いとかそういった類のものではなく、持っているだけで嬉しくなるような本です。装丁も素敵。
    デカイし。
    暴漢に襲われたときには武器にもなる優れモノです。

  • 昔の子供向けの本の挿絵と挿絵画家。
    仕掛け絵本の解説。
    動物。魔法使い、妖精、トロルなどなど。
    大人向けの絵本はかなり深読み希望な感じ。
    エドマンド・デュラックが好みだった。

  •  魅力的な海外の本の挿絵やあらすじが紹介されています。とってもキレイでカワイイですヨ。
    (一般担当/おー)平成28年11月の特集「アートの本」

  • 装丁が表紙も本文も凝ってて所持しがいがある一冊。ニールセンやラッカムをはじめとした挿絵を紹介している。

  • 美しい。パラパラ見てるだけで楽しい。ただ、物語の一部を切り取ってるだけなので続きが気になることが多い。一話まるごと載せられないのかな?せめてストーリーだけでも。大きめの本で印刷も綺麗。

    西洋の絵本しか扱ってないけど。

  • 学生選書 726/O86
    資料ID 2012104741

  • むかし話や絵本の古書。本は古くても、絵は美しい。Book in bookのような仕掛けもあって、楽しい。

全16件中 1 - 10件を表示

おとぎ話の古書案内を本棚に登録しているひと

ツイートする