世界の作家が愛した風景

  • パイインターナショナル
3.88
  • (6)
  • (5)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 80
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (119ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784756243041

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2012年発表。


    世界の作家が愛したゆかりのある世界各地の美しい風景を、
    綺麗な写真と詳しい解説で紹介した
    画期的な写真集♪



    いやぁ〜
    素敵なコンセプトに拍手!


    表紙とタイトルを見た瞬間、
    我が頭に標準装備された
    「私的面白本レーダー」が
    ビビビと反応!

    0コンマ1秒後には
    ササッと手にとって
    もう見入ってましたから(笑)(^_^;)




    「赤毛のアン」のモンゴメリが住み続けた
    美しい自然がいっぱいの
    カナダのプリンスエドワード島、


    フランソワ-ズ・サガンが
    「悲しみよこんにちは」で描いた
    フランスはリヴィエラ海岸。


    文豪ゲーテが絶賛した
    イタリアのシチリア島。


    アガサクリスティーの生まれ故郷であり
    作品のモデルともなった
    宝石を散りばめたように美しいリゾート地、
    イギリスはトーキー。


    トーマス・マンの故郷リューベックに立つ、
    おとぎ話の中にいる錯覚を起こしてしまう
    荘厳なホルステン門。


    紺碧の海に吸い込まれそうな
    ヘミングウェイが愛した
    キューバの港町コヒマル。


    孤独の中、神経衰弱に陥った夏目漱石が見た
    イギリスのロンドン塔。


    「異邦人」で
    一躍時の人となったカミュが
    晩年に移り住んだ、
    フランスで最も美しい村と呼ばれる
    ルールマラン。


    ヘルマン・ヘッセが青春を送り
    自伝的小説「車輪の下」で描いた、
    ドイツのマウルブロウン修道院。



    などなど、
    美しい写真がズラリと並び、
    めくるたびに
    文豪たちに思いを馳せる
    豊潤な時間をくれる。


    作家たちが見た風景を知ることで
    知らない作家の作品に興味を持ったり、

    より深く名作の背景を知ったり、

    ただの写真集にとどまらない
    スゴく意義のある
    企画本だと思います。


    名作の舞台や
    作家の愛した風景は
    読書好きなら絶対に見て損はないし、

    本を持って
    舞台となったその国を訪ねてみたくなること必至ですよん!(笑)

  •  これは心打たれる景色。往時そのままに、とは行かないまでも変わらぬ何かがあると思いたい。

  • 風景写真がたいへん美しい。読みたい本も見つかる。

  • 世界の作家が暮らした場所や、旅で出会ったゆかりの地が、見開きいっぱいに美しく迫ってくる。読んだことのある本の舞台や、自分の想像していた風景だったり・・・。
    ページをめくるうちにもう一度その作家の本を読んでみたくなる写真集。

  • 古今東西の様々な作家が見たであろう風景を素敵な写真で見させてくれる。本を読むときに想像力を膨らませてくれる良い本。

  • 説明文が非常に簡素なので、写真を見て作家との関係をばっちり認識できるまでにはいたらなかったが、風景写真として眺めるだけでも癒される美しいものが多かった。

  • 名作の舞台になった世界各国の名所。もう少し凝った取材かと思いきや、割とあたりまえの写真が多く、ちょっと肩すかしな感じでした。

全10件中 1 - 10件を表示

アマナイメージズの作品

ツイートする