ウィリアム・モリス - クラシカルで美しいパターンとデザイン-

著者 :
  • パイインターナショナル
4.59
  • (23)
  • (8)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 243
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784756243362

作品紹介・あらすじ

モダン・デザインの父、モリスの壁紙やテキスタイル、その他挿絵本などのデザイン作品を約250点収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 3/24はウィリアム・モリスの誕生日
    手仕事に目を向け、うつくしいデザインを生み出したモリスのデザインを収録した書を。

  • 同じ人のパターンを集めた本を生協で見かけて興味持った。しかし、画像検索したらファンタジックな雰囲気。ちょっと好みから外れる。幾何学的な方がいいな。
    [william morris - Google 検索](https://www.google.co.jp/search?q=william+morris&num=20&safe=off&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwir943zsb7XAhXHTbwKHebLA50Q_AUICigB&biw=1216&bih=709)

  • 美しすぎてうっとりです。

  • 本の装丁も美しい、ウィリアムモリスの素晴らしいデザイン集。眺めているだけで、うっとり、いい気分になれますー!

  • すごく美しい本。ウィリアムモリスの図柄が沢山あります。出版社のパイインターナショナルさんのこの西洋アンティーク図版本は装丁が本当に美しい。中身もモリスについて詳細が描かれていて、ファンにはたまらない一冊です。一生大切にします。

  • ウィリアムモリスの壁紙のデザインを中心として、ほぼ全てのページがデザイン集。

    各図案に、数行程度の簡単な解説も添えられていて分かりやすい。そして、たまに余白と解説なしの全面印刷になるページは、開くとハッとする程美しい。

    同じ図案で色擦りの違うものも多く載せられていて、色の違いで大きく印象が変わることも分かる。モリスのデザインがどのように移り変わり、そして完全されていったか、見ることが出来る。


    何度も見返したり、手元に置いておきたい一冊。

  • モリスのデザインしたあらゆるものが載っているだけでなく、彼自身の歴史にも触れられています。
    本の装丁も見目麗しい一冊。

  • モリスの柄のパターン集。
    美しいー
    全てのパターンが現在使われてるわけではないけど、好きな柄が日常に溢れてたら楽しいな。

    冒頭のモリスの解説や年表、コラムのモリスをめぐる人たちも面白かった。
    あと、本も出してたんだね。
    知らなかったので読んでみたいなぁと思った。

  • 柄(パターン)のサンプルがあり、うっとり。手元に置きたい本。

  • <閲覧スタッフより>
    ウィリアム・モリスが生み出した華麗なるテキスタイルの数々。自然の恵みを目いっぱい表現したその装飾性は室内装飾とともに私家版の書物のなかにも息づいています。

    --------------------------------------
    所在番号:757||モリ
    資料番号:10220180
    --------------------------------------

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1939年、東京都生まれ。早稲田大学文学部ロシア文学科卒業。出版社勤務を経て、現在、美術、映画、音楽、都市論、華道、小説など幅広い分野で執筆活動をつづける。
 『アール・ヌーボーの世界』『モダン都市東京 日本の一九二〇年代』『ココ・シャネルの星座』(以上、中公文庫)、『二十世紀』(文藝春秋)、『おじさん・おばさん論』(幻戯書房)、『魔女の世界史 女神信仰からアニメまで』(朝日新書)、『世界陰謀全史』『海賊の文化史』(朝日新聞出版)、『ロシア・アヴァンギャルドのデザイン 未来を夢見るアート』(パイインターナショナル)など著書は膨大。

「2018年 『映画は千の目をもつ 私の幻想シネマ館』 で使われていた紹介文から引用しています。」

海野弘の作品

ウィリアム・モリス - クラシカルで美しいパターンとデザイン-を本棚に登録しているひと

ツイートする