世界の雪景色

著者 :
  • パイインターナショナル
3.94
  • (7)
  • (5)
  • (5)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :108
  • レビュー :10
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784756245809

作品紹介・あらすじ

まるでスノードームやおとぎ話みたい!

北欧の静かな森、雄大なカナダの原生林から、雪の降り積もるクリスマスのパリやロンドンなどの都市、小さな村の街並まで、世界の幻想的な雪景色を紹介します。
詩や文学、おとぎ話、世界の冬の過ごし方など、雪にまつわる小さなお話付き。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 水の様に
    火の様に
    暴力的に世界をリセットなどしない。

    今ある世界のまま、
    ちょっと塗りこみ過ぎた色を
    一端落ち着かせてみよう?
    と、銀のふんわりをかけるだけ。

    まだ何もはじまっていない、
    また再びはじめられる
    切なくて
    愛おしい白い風景は
    いつまでも眺めていられる、
    ほんとうに、素敵な写真集♪

  • 表紙画像を見て即図書館で予約しました。北欧と中央欧を中心とした各国の雪景色の写真集です。白く眩しく、幻想的な別世界へ誘う雪は本当に好き。まえがきにある「雪に埋もれた街や人や自然は、雪割草のように、雪を割ってあらわれ、その新しい姿をのぞかせてくれる。雪は光を目覚めさせるのだ。」という著者のことばも良い。すべての写真に添えた著者のことばが、より写真を引き立ててくれます。合間にある、雪に関するコラムも興味深い。巻末には撮影地域の地図やインデックス収録。実物をこの目で見たくなりました。 ちなみに、表紙の景色は、ドイツ・ベネディクト(ミュンヘン南)にあるボイエルン修道院です。本作でいちばん好みの写真でした。

  • 写真は綺麗なのだけれど、いかんせん文字が多い。文字が多い写真集は嫌いだ。
    どうしてもそっちに気を取られて写真をじっくり堪能することができなくなる。
    文章も、「淋しい」だの好きな画家だの主観が多い。

  • 【Travel】世界の雪景色/パイインターナショナル/20151224(138/422)<127/28784>
    ◆きっかけ


    ◆感想
    ・雪景色は見慣れた風景を変化させ、私たちの創造力をかきたてる。それはカメラがとらえた現実の風景であるとともに、現実をこえた、もうひとつの、夢の中の風景を幻想させるのだ。雪のヴェールにかけることで、別の姿があらわれ、あらためて雪を通して、その下に隠れているモノについて考えさせられる。=>その通り

    ◆引用(行きたいところ)
    ・クリスマスのマーケット(ケンプテン(ドイツ)など)
    ・キンデルダイク(オランダ)
    ・バンフ国立公園(カナダ)
    ・南極

  • 2015年、娘へのクリスマスプレゼント。サンタより。9歳5カ月。なんだかとても喜んで、今朝(翌朝)学校に持って行った。

  • ■ 1590.
    〈読破期間〉
    2015/6/10

  • 資料番号:011619988
    請求記号:290.8セ

  • こういう写真集は基本的に大好きなのだが、雪を見慣れている環境のせいか、他の写真集ほど感動できなかった……しかも冬に読んでしまうと、「雪かき大変なんだよなあ」と妙に現実的な鬱陶しさのほうがまさってしまう(苦笑)。
    というわけで、雪が降らない地域にお住まいの方におススメ。

  • 美しい雪景色。ただ、ヨーロッパの町中心で、アジアやラテンアメリカとかは殆どないんですね、それがちょっと残念。

  • どれもこれも素晴らしい景色ばかり。

    雪を美しく見せるものや雪で覆われた山や川・湖や大地などを大きなスケールで見せるもの、長い冬の間、雪の中で暮らす原住民の生活感を写し出したものなど。

    けど雪国出身の人には、ふるさとの何気ない雪景色が一番、心に沁みるんだろうな。

全10件中 1 - 10件を表示

海野弘の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
エラ・フランシス...
瀬尾 まいこ
アマナイメージズ
今村夏子
辻村 深月
辻村 深月
有川 浩
小林 聡美
ヨシタケ シンス...
柴崎 友香
宮下 奈都
クラフト・エヴィ...
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする