分解してみました

制作 : 金成 希 
  • パイインターナショナル (2015年5月18日発売)
3.13
  • (2)
  • (4)
  • (14)
  • (3)
  • (1)
  • 本棚登録 :216
  • レビュー :11
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784756246707

作品紹介

トッド・マクレランの、ユニークな写真の世界へようこそ-本書では、デザインの代表作ともいえる製品を分解し、ひとつひとつの部品を並べて撮影した。シャープペンシルやスマートフォンのような、サイズの小さいものから、電子レンジやアコーディオン、自転車に軽飛行機のように大きなものまで、掲載されている製品は全部で50種。分解された部品総数は、21,959個にもおよぶ。テクノロジーの進化は、もののサイズを小さくしたが、同時に、その構造を複雑にした。小さいものが、少ない部品で作られているとは限らない。普段使っているものの機能や構造・複雑性にあらためて気づかされると同時に、すべての部品が規則正しく並べられている美しさに、目を奪われること必至の写真集。

分解してみましたの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 分解することによって見えてくるもの
    部品が大量生産に向いていて修理するためしやすいか

    デザインの本来の目的は?

  • [墨田区図書館]

    入口棚にあってその場で一読。もう少し作りとか仕組みとかも含めて"分解"出来るのかと思ったけれど、きっちりと中の部品を並べて見せたり、空中バラマキ?するだけだったので、その点ではマイナス1ポイント。ただ、ポータブルHDDとかiPadなども分解していたので、「面白そうだな、でも対象高いし壊れたものとかでないとな」、と思いながら見ていたら、ふと廃棄処分に悩んでいたHDDをやってみればいいのでは、と思いつき、ワクワクしてきた。

    表紙を見た瞬間、息子に見せたかったものの、中は私でもさほど興味を持てなかったので当初借りてくるのを躊躇したけれど、家のものを同じように分解できるのなら、教科書?というか見本書として??借りて帰っても興味をひくかもな、と自分の中で再熱復帰!生憎とこの日は冊数が足りず借りるのを断念したけれど、私自身の熱も冷めないうちに借りてきて、「分解」してみたいな!

  •  いろいろな製品を分解し、それを構成する部品をきれいに並べて撮った写真集です。こんなたくさんの細かな部品でモノができているのかと思うと、なんだか感動します。
    (YA担当/ぽんこ)平成28年9月の特集「職員おすすめ」

  • いろんなひとがいるもんだなあ。

  • 電化製品を構成している部品が、意外と少ないことに驚く。

  • 分解したものの過程や構造などが書かれているかと思ったのだが、実際は分解後のパーツが整然と並べられている写真がいくつも続くものだった。

  • ブラックボックス化されたiPadの分解も良いが、やはり、からくりが伺える、機械式腕時計・タイプライター・アコーディオンなどが眺めてて楽しい。
    分解の様子をストップモーション・アニメに出来たら凄いだろうけど、手間がかかりすぎるか。

  • 分解しただけです。特に解説はありません。

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784756246707

  • 子どもが色々分解したがるので、正直こまっている。この本見せたら、その熱が下がりやしないだろうか

全11件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
サンキュータツオ
夏目漱石
ヨシタケ シンス...
アンジェラ・アッ...
吉田 篤弘
辻村 深月
ヨシタケ シンス...
ロビン・スローン
三浦 しをん
田中正人
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする