ヨーロッパの図像 花の美術と物語

著者 :
  • パイインターナショナル
4.29
  • (3)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 102
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784756249081

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 美しいだけじゃないところが、、、

    パイインターナショナルのPR
    はかなく美しい「花」をめぐる美術とロマンティックな物語
    人気シリーズに、待望の「花」の図像が登場。絵画や装飾デザイン、ファッションなど、ヨーロッパの美しい「花」の図像を、その歴史を紐解きながら解説します。可憐で、はかない花の姿をいかに永遠にとどめるか…。古来より人々の夢が残してきた華麗なる花の美術史をたどります。花にまつわる神話や物語も多数収録。ギフトにもおすすめの1冊です。
    https://pie.co.jp/book/i/4908/

  • 8.5 ×25.5cm というサイズ感。
    副題『ヨーロッパの図像 花と美術の物語』と
    いうだけあって、世界中の女子を魅了してやまない
    花と花の図像(花柄と言ってもいいくらい!)の
    原点と背後の物語をあぶり出し、その時代性を
    政治や文化を含めて詳しく解説。
    図柄のバラが、実はどんな風にできたか、、なんてことも。
    厚み2.8センチのこの本。
    眠りになかなかつけない時など、楽しく優雅な気分に
    させてくれそうですよ。最近「たゆまねど〜原田マハ」を読んだばかりということもあって
    かの地の花の図像にも色濃くジャポニズムの影響が
    現れてるのがわかります。
    バラの流行と新種の開発なども、これらに現れてて
    実に興味深く読みました。

  • アール・ヌーヴォーみたいな色合いの絵に挑戦したいなと思いました

  • 借りたもの。
    眺めて楽しむ、読んで楽しむ、花の美術の豪華装丁本。
    意匠化された装飾の花々が、次第に本来の姿を取り戻すかのような生き生きした描写になってゆくようにも見える。
    身近な花々の意匠から、中世には薬草として実用的な恩恵と神のそれを結び付ける写本の花々に。観賞用として花々が権力者に普及すると絵画ではリアリティの追求に至る。産業革命などを経て、市民に普及すると花々は小さな本の中にも……花言葉を添えて、コミュニケーションツールとして身近になってゆく。
    学術的な写実性から、抽象的なもの、擬人化されたり…花の描写・表現だけでも多様なら、人間が花に込めた意味もまた然り。

    この本のシリーズの、装飾・レイアウトデザインの美しさは言わずもがな。

  • 海野さん監修って本当にはずれがない。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1939年東京生まれ。評論家、作家。早稲田大学ロシア文学科卒業。平凡社に勤務。『太陽』編集長を経て、独立。

「2021年 『ロンドンの誘惑 1970's ロンドン・カルチャーの世界』 で使われていた紹介文から引用しています。」

海野弘の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
森見登美彦
エラ・フランシス...
リンダ グラット...
皆川 博子
凪良 ゆう
宮下奈都
西 加奈子
西 加奈子
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×