茶の本

  • パイインターナショナル
3.90
  • (3)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 101
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784756252807

作品紹介・あらすじ

〝美のカリスマ〟岡倉天心が世界にアピールした、日本人の本当の美意識

日本の美の心を茶道の美意識から説き起こして、世界に衝撃を与えた名著の初のビジュアルブック化!「茶の本」は、茶道の作法などを解説した書物ではなく、茶道を禅や道教、華道などとの関わりから広く捉え、日本人の美意識や文化観を欧米人に向かって説いた評論ですが、日本人にも「美の本源」「芸術の本質」「人生の本義」を教えてくれる一書でもあります。大川裕弘氏の美しい写真と共に、その世界観が味わえます。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 岡倉天心の名著 茶の本。
    言葉遣い、文体含めて染みる本。

    メモ
    ・茶道の要義は不完全なものを崇拝するにある
    ・真理は反対なものを会得することによってのみ達せられる。
    ・真の美は只不完全を心の中に完成する人によってのみ見出される。人生と芸術の力強い所はその発達の可能性に存した。茶室に於いては自己に関連して心の中に全効果を完成することが客各自に委されている
    ・傑作と言うものは我々の心琴に奏でる一種の交響楽である。心は心と語る。無言のものに耳を傾け、見えないものを凝視する

  • 茶は日本人にとって非常に大切な飲み物である。文化である。日頃から何気なく飲んでいるお茶も海外で生活しているとその特異性に驚かされることがある。日本という島国で中国から輸入され、独自に進化していった文化の象徴である。

    千利休は義務教育で誰しもが習う偉人だが、答案用紙に記述する事柄はただ「茶の湯を大成させた」こと。それ以上は何も知らなかった。でもこれを読んではっきり「茶の湯」が日本文化の根底を作っていることを認識した。だから利休を日本人として学習すべきなのだ。

    茶室も禅や道教の理想を表している。
    "道教や禅は「完全」ということについて(欧米と)違う考えを持っていた。道教や禅は動きを大事にする傾向があり、完全そのものよりも、完全を迫求するプロセスを重視した。真の美は、不完全なものを心の中で完成させる者のみが見いだすことができる。人生と芸術の力強さは成長発展する可能性の中にこそあるのである。"

    今、無印良品やこんまりメソッドなどミニマリスト的な生活がブームになっている。これは日本文化のベースから派生したもので、なんでもできる世界になってしまったからこそ、この完成・完全に対する価値観が揺らぎ、日本文化が外国人に受け入れられているんだと思う。
    今後の世界では価値観が逆転し、侘び寂び、無形、流動、不足、静寂が重要視されるかもしれない?

  • 粋につうじる美学。
    本当のオシャレは流行を追うだけではない、掛け軸と同種のものを活けるのは野暮、など、日本人が感じる美しさがよくわかる一冊。
    岡倉天心ってたしかボストン美術館の学芸員だったような(うろ覚え)。
    だからこそ、客観的に見える部分もあるんだろうなと思いながら読んだ。
    トーンを抑えた写真が「侘び寂び」の世界観を写し出していて、読んでいて心に静寂をもたらす。
    ”人は己を美しくして始めて美に近づく権利が生まれるのであるから”
    という一文。
    そして千利休の生きざまに胸を打たれた。

  • 表紙にやられて。岡倉天心の茶の本。

  • 岡倉天心がお茶の事、心を教えてくれている。
    作法うんぬんじゃなく、まずは心得を学んでからで作法は二の次じゃないかなって思いました。
    その心を広く世界に発信している事に感動です。
    日本の文化を自信を持って世界へ、今こそ世界へ❣️

全5件中 1 - 5件を表示

岡倉覚三の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヨシタケシンス...
凪良 ゆう
ジェームス W....
佐々木 圭一
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印

茶の本を本棚に登録しているひと

ツイートする
×