世界 夢の映画旅行

制作 : Filmarks(フィルマークス) 
  • パイインターナショナル
3.42
  • (5)
  • (7)
  • (10)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 320
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784756253637

作品紹介・あらすじ

あの映画に会いに行こう!いま観たい映画、行きたい場所が、あなたを待っている。

ノスタルジー漂う往年の名作から、今をときめく話題の新作まで、全55作品の映画の撮影地や舞台の風景を収録。すでに観た映画はもちろん、まだ観たことのない映画でもすぐに旅に出たくなる、旅情をそそる風景が勢ぞろい。映画選定は、国内最大級の映画とドラマのレビューサービス“Filmarks(フィルマークス)”が担当。

【掲載映画例】アバウト・タイム 〜愛おしい時間について〜 / アメリ / ミッドナイト・イン・パリ / ティファニーで朝食を / her 世界でひとつの彼女 / はじまりのうた / (500)日のサマー / ローマの休日 / 君の名前で僕を呼んで / エターナル・サンシャイン / ラ・ラ・ランド / 恋する惑星 / ニュー・シネマ・パラダイス / パリ、テキサス / ショーシャンクの空に / レオン / あの頃ペニー・レインと / グランド・ブダペスト・ホテル / ハリー・ポッターと賢者の石 / シング・ストリート 未来へのうた / スラムドッグ・ミリオネア / アバター / LIFE! / マッドマックス 怒りのデス・ロード / ロード・オブ・ザ・リング / 2001 年宇宙の旅 / バーフバリ 伝説誕生 / ダ・ヴィンチ・コード / ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 他全55作品

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【配架場所】図・2F地図
    【請求記号】 290.8||PA
    【OPACへのリンク】
    https://opac.lib.tut.ac.jp/opac/volume/453965

  • 「アバウト・タイム」のイギリス/コーンウォール、「ティファニーで朝食を」のニューヨーク、「ラ・ラ・ランド」のロサンゼルス、「きみに読む物語」のサウス・カロライナ、「ノッティング・ヒルの恋人」のイギリス、ノッティングヒルの家並み、「恋する惑星」の香港、けっこう見た映画がとりあげられていた。

    表紙上は「ブルー・バレンタイン」のニューヨーク、マンハッタン橋。ライアン・ゴズリング主演。映画自体は題名のごとくブルーなのだが。

    中断は「マリー・アントワネット」のヴェルサイユ宮殿。ソフィア・コッポラ監督。この写真もくっきりした色だが映画もビビッドな色彩だった。

    下段は「ミッドナイト・イン・パリ」のパリ。これは楽しい映画だった。小説家志望のアメリカ人が旅先のパリで1920年代にタイムスリップ。主人公が大ファンのフィッツジェラルドやピカソ、ダリ、ブニュエルなどに会ってひと騒動。


    2020.6.17初版第1刷 2020.7.26第2刷 図書館

  • 記録

  • 美しい景観 映画世界とのイメージの共有 束の間の旅行気分

    • 吾輩という名の猫さん
      美しい景観 映画世界とのイメージの共有 束の間の旅行気分
      美しい景観 映画世界とのイメージの共有 束の間の旅行気分
      2021/04/02
  • 映画好き&旅行好き のわたしにピッタリの本!

    「あの映画はここで撮られたのか〜」
    「このストーリーって、この国がモデルだったのか!」
    と、新たな発見がめちゃくちゃあって楽しかった。

    でも映画の版権のせいか、映画の写真が少なかったので、もっとたくさん載せてほしかったなぁ〜なんて。笑

    前に観たことある映画でも、この本を観た後に
    また見直したくなった!

  • めちゃくちゃに素敵な本だった。。

    「真実の愛は、磨く前の宝石みたいに、
     きっと初めは気づかないもの。」

    「心は四角い箱じゃない。
     愛すれば愛するほど膨らむの。」

  • ワクワクする

  •  外出を控え、自宅で映画鑑賞をしている人が多いかもしれませんね。
     この本には、映画撮影の舞台や製作のヒントになった場所が美しい写真ともに紹介されています。旅行もままなら
    ない時期ですが、この写真集を眺めながら、ぜひ空想の旅に出かけてみてください。

  • 既存の写真を寄せ集めただけ。このシーンは、この地点でこの画角と言うところがない。youtubeにたくさん出ているのに…


  • 見開き2ページに大きな写真、作品のシーンや撮影地や舞台の大まかな地図が×55作品という感じの作りの本でした。プラスコラムで、ライトな印象を受けましたが、ぱらぱら眺める分には良いんじゃないでしょうか。
    なかには『天空の城ラピュタ』や『ブダペストホテル』などモデルとなった地域の写真もあり、?となるものもなくはありませんでした。個人的には、作品の数を減らして、ストーリーに沿って写真やイラスト、レストランの情報などがあれば良いのに、と思いました。旅感要素が薄かったので。

全12件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
凪良 ゆう
池澤 夏樹
リンダ グラット...
辻村 深月
ヴィクトール・E...
山崎 聡一郎
有効な右矢印 無効な右矢印

世界 夢の映画旅行を本棚に登録しているひと

ツイートする
×