モルトウイスキー・コンパニオン 改訂第7版

  • パイインターナショナル
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (448ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784756253903

作品紹介・あらすじ

全世界800もの銘品をAt0Z順に紹介。シングルモルトの真髄を伝える世界的ベストセラーの最新改訂版!

モルトの魔法とは? なぜ、アイラがいいのか? アイランズやハイランドを選ぶのはなぜか? どのウイスキーがライトで花のようなモルトなのか……? モルトの真髄を伝える、故マイケル・ジャクソンによる世界的ベストセラー『モルトウイスキー・コンパニオン』を氏の遺志を継ぐ財団により改訂。約600種類の新ボトリングのテイスティングを含む、約800ものモルトに関する蒸留所名などを前版よりアップデートした、シングルモルト愛飲家の必読書!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • モルトとは大麦を発芽させたもので、これを原料に作られたウィスキーが、モルトウィスキー。

    本書はそのモルトウィスキーの起源から主たる蒸留所と、そこで作られている主なウィスキーを、色、香り、味、そして著者の評価点も加えて詳細に紹介した、モルトウィスキー図鑑である。

    なお、本書はスコットランドで作られている、いわゆるスコッチウイスキーでそのほとんどが占められているが、「ニューワールドウィスキー」として、日本やインド、アメリカ、ニュージーランド、台湾他の国々のモルトウィスキーも紹介されている。
    ちなみに日本からは、最近話題のイチローズ・モルトの「秩父」、サントリーの「白州」と「山崎」が登場。

    ちょっと驚いたのが、アイルランド、ウエールズ、イギリスのウィスキーが「ニューワールドウィスキー」のところで紹介されていたこと。
    著者にとっては、スコットランド以外は同じエリア、あるいはU.K.内であっても「外国」である、というスコッチへの強いこだわりを感じた。

    本書を読むまで、自分の知っているウィスキー銘柄のほとんどはアイルランド産だと思い込んでいたが、全てスコッチであることが判明。認識を新たにできてよかった。

    あと、本書の著者は「マイケル・ジャクソン」だが、当然「ポーッ!!」でおなじみのあのマイケルとは同名の別人。ただ名前以外にも、本書のマイケルも既に故人という共通点があった。
    なので本書はマイケルのこだわりを受け継ぐ、別の人たちにより情報が追加された改訂版である。

    私はあまりアルコールが得意な方ではないが、それでも本書を読んで、今後ウィスキー飲めるような機会があれば、スコッチをトライしてみたいと思った。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

世界を代表するウイスキー・ライター。ビール、旅行にも詳しく、『ワシントン・ポスト』から『プレイ・ボーイ』に至るまで、新聞・雑誌でコラムニストとして幅広く活躍し、2007年にロンドンの自宅で心臓発作により亡くなる。享年65歳。 

「2021年 『モルトウイスキー・コンパニオン 改訂第7版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

マイケル・ジャクソンの作品

ツイートする
×