パリジャンが教える ヒゲの教科書

  • パイインターナショナル
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (96ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784756253989

作品紹介・あらすじ

フランスでベストセラー! ヒゲの似合うジェントルマンになるための知識と情報が満載

主なヒゲのスタイル34種・自分でできるカット&シェービングの方法・ヒゲや肌の手入れ方法・道具の選び方・困ったときのQ&Aなど、ヒゲにまつわるすべてを詳細に解説した、フランスのベストセラー。自分らしいスタイルを知るパリジャンならではの情報が詰まった、ヒゲ男子必携の1冊です。日本のバーバーリスト43軒収録!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  図書館の新刊コーナーで出くわし、思わず表紙借りしてしまった(借りてくれって、話しかけられたような気がした)。
     ヒゲの種類からカットや手入れなどについて淡々と語っている。雑音的な蘊蓄を排除した本著のつくりから、著者のこだわりが伝わってくる。
     それにしても54頁の女性の写真は翻訳版で挿入したのか、なぜ?

  • 男性のファッションとして復活、定着したヒゲの由来、スタイル、手入れについて詳しい解説書。フランスでも理容室(床屋)は衰退して、今世紀初め頃には数軒しかなかったのが髭ブームのおかげでまた増えつつあるとか。日本では女性の顔剃りのために床屋を利用するようになっているというのがしばらく前に話題になっていたけれど…

  • ふむ

  • 髭って、ほったらかしではかっこ良くならないし、お肌にも良くないそうです。
    パリの理容師が手ほどきする、ヒゲのお手入れ、ヒゲ・カタログ、理容の歴史。

    イケ・ヒゲの写真がクール!かっこいい!
    ヒゲ・カタログはイラストなのでもっと写真をください!…と、思ったが、同じイラストモデルがヒゲの形で表情や雰囲気がまったく変化するので、なるほど~と。

    女性が念入りにお化粧するのと同じくらい、イケ・ヒゲのお手入れは毎日の丁寧なルーティンワークが必要。
    かつて、外科手術を宗教的に禁じられた医者の代わりに手術を行うようになった理容師たち。
    時代がまた変わり、手術は出来なくなったが中世のカツラブームで暮らし、美容室に駆逐される勢いだった理容室がヒゲ・ブームでふたたびスポットがあたっている。(フランス)

    漱石先生のヒゲ・スタイルは、「La bross 」ブラシだ。
    気になる文豪とか俳優さんのヒゲ・スタイルを同定するのにもぴったし。
    髭ダンはなんで髭生やしてないんだろう。ファンの人は知ってるんかな。

  • ひげ入門

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

ヒゲにまつわるあらゆる情報を掲載した人気サイト「BarbeChic(バルブ・シック)」創設者。ヒゲの手入れ方法やケア用品の比較・参考画像、フランスの理容室一覧、ヒゲ用品専門の販売など、さまざまな情報を発信している。

「2020年 『パリジャンが教える ヒゲの教科書』 で使われていた紹介文から引用しています。」

河合隼雄の作品

ツイートする
×