ママン-世界中の母のきもち-

  • パイインターナショナル
3.86
  • (1)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 59
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (68ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784756254443

作品紹介・あらすじ

世界中の多様な母親の愛情を描く「母親賛歌」

世界累計発行部数16万5千部以上のベストセラー。世界中の母親が子を慈しむ気持ちや、母と子のかけがえのない一瞬を詩的につづる大人の絵本です。美しいイラストと、内田也哉子氏の愛にあふれた翻訳でお届けします。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 内田也哉子さん「お母さんは万能じゃない。大いに偏っていていい」 – magacol
    https://magacol.jp/2021/02/16/425291.html

    ママン | PIE International
    https://pie.co.jp/book/i/5444/

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      フランス&フランス語圏の女性たち:世界累計24万部を超えるベストセラー『ママンー世界中の母のきもち』の著者を迎えた対談/日仏朗読会/翻訳ーク...
      フランス&フランス語圏の女性たち:世界累計24万部を超えるベストセラー『ママンー世界中の母のきもち』の著者を迎えた対談/日仏朗読会/翻訳ークショップ | アンスティチュ・フランセ関西のプレスリリース
      https://www.dreamnews.jp/press/0000256216/
      2022/04/07
  • ムーランとかのディズニー作画を思わせる
    優しさと確かなデッサン力のある絵で好みでした。
    ボリュームもちょうど良かった。
    内田也哉子さんが翻訳してるっていうのも
    ある意味面白さのひとつになってた。

  • 内田也哉子さんが翻訳を手掛けられているものって
    ほぼハズレなし。

    作品紹介にある通り、”世界中の多様な母親の愛情を描く「母親賛歌」”。
    ある意味、ファッション誌やカルチャー誌を眺めているようなおもしろさもありました。

    こどもがまだ幼くて、がんじがらめにされてる感になりがちなあなたへ。

    ”リズム学園恵庭幼稚園様”の蔵書です。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

文学を専攻したのち、教師・ジャーナリスト・コラムニストとして活動。『ママン』が初の著作となる。同じくカンタン・グレバンとの共著に『Amoureux(恋人たち)』(未邦訳)がある。

「2021年 『ママン 世界中の母のきもち』 で使われていた紹介文から引用しています。」

内田也哉子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×