笠井あゆみ画集 媚薬

著者 :
  • パイインターナショナル
5.00
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784756254474

作品紹介・あらすじ

沁みわたる耽美。止めどない淫靡。笠井あゆみ画集、満を持して出来!!

ファンの皆様、お待たせしました! 笠井あゆみ先生が手掛けた過去約10年に及ぶボーイズラブ小説の装画を中心に、オリジナル作品「旦那はんと痴話喧嘩」シリーズ、本書描き下ろしも含む250点以上のイラストを収録した300ページ超えの画集が遂に出来。ページをめくるたびに、美とエロスのクリティカルヒット!まるで、めくるめくBL春画絵巻。そんなTHE 笠井あゆみワールドな1冊をご堪能ください。※本書収録作品は男性同士の性描写を多く含みます。※「麗人」の表紙イラストの収録はありません。※全作品を網羅収録しているわけではありません。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 悶絶ー‼︎
    素晴らしいの一言!目眩く春画絵巻です。
    笠井あゆみ先生が表紙を描かれているだけで、その小説を買ってしまうくらい好きです。先生は、作品の購買意欲を亢進させてると思う!

    Twitterで見ていた、「旦那はんと痴話喧嘩」シリーズも続けてみると想像力を掻き立てられます。
    もしかして、この2人は一緒に住んでないの?
    旦那はんは、別に家庭があるとか?
    幼馴染?義兄弟?いや、本当の兄弟とか?
    ドキドキ。
    いやー、耽美。淫靡。

    ノベルズの表紙や口絵集もあって、こちらも一気に見ると壮観!童話シリーズとか、もはや芸術の域ですよね。
    ため息が出ちゃう。
    「すべてはこの夜に」の武井と鈴原なんて、見ただけで泣けちゃうよー。

    それから、描き下ろしも素晴らしかったです。
    描き下ろし作品の制作工程も興味深くて、このラフ絵がこの芸術に⁉︎と、驚きしかなかった(笑)
    オマケのラフ案一式は笑ってしまいましたよ。

    とにかく素晴らしかった!何回でも見かえします!
    本当はねー、紙本の方がいいんでしょうね。いや、絶対そうなんだけど、電子だと半額とかで買えるからなあ。お高いんだもん…。
    見開きページは、センターの仕切りを外してスクロールしながら見てます。
    電子のいいところは、ズームできるところ!この利点は結構大きいんですよ。
    画集だからもちろん修正なしなので、めっちゃエロいことになってます。どうなってんのこれ?ってところは、迷わずズーム(笑)最高でしたw

    4冊目なんですねー。
    デジタルへの移行期の作品集なので、これはこれでレアかも。ただ、完全なアナログ画集も見てみたいので、機会があったら過去のものも手にしたいです。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

魚座AB型。徳島県出身。イラストレーター・漫画家。1990年デビュー。一般小説・ボーイズラブ小説のカバーイラストや挿絵を数多く手掛ける。代表作:「暴君竜を飼いならせ」シリーズ装画(犬飼のの著/徳間書店)、「眷愛隷属」シリーズ装画(夜光花著/リブレ)、漫画「オトコの花道」、「月夜絵―笠井あゆみ画集」他多数。

「2020年 『笠井あゆみ画集 媚薬』 で使われていた紹介文から引用しています。」

笠井あゆみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
中村 明日美子
中村明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×