シュタイナー先生、こどもに語る。

  • 12人登録
  • 3.67評価
    • (3)
    • (0)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : Rudolf Steiner  松浦 賢 
  • イザラ書房 (1996年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784756500694

シュタイナー先生、こどもに語る。の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • シュタイナーがヴァルドルフ学校で校長先生みたいな立場で始業式などの式典で生徒、先生、父兄に語ったもの。晩年の活動のひとつなのだけれど、シュタイナーが語りかけることを通して、伝えたいものがよく見えてくる。こんな校長先生がいたら幸せだと思う。この言葉を、ナチスが台頭してきているドイツでやっていたというのは凄いことだと思う。先生と生徒ってなんだろうっていうときに、今、見えにくくなっている正しい姿。本来の有り様が見えるような気がする。教育とは何なのか、先生とはなんなのか。先生が、生徒がどうあるべきなのか。実際のヴァルドルフ学校を知らないし、その成果もよくわからない。しかし、ここに描かれているようなことを前提とするなら本来、学校はもっといい場所になるんじゃないかと思う。シュタイナーが自分の行いや思想といったものをとても客観的に、又、冷静に、考えているのが伝わってくる。多くの人のことを考えた人なんだなと改めて思った。

全2件中 1 - 2件を表示

ルドルフ・シュタイナーの作品

シュタイナー先生、こどもに語る。はこんな本です

シュタイナー先生、こどもに語る。を本棚に登録しているひと

ツイートする