いつも目標達成している人の読書術 (アスカビジネス)

著者 :
  • 明日香出版社
3.05
  • (5)
  • (29)
  • (63)
  • (19)
  • (7)
本棚登録 : 282
レビュー : 51
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784756912251

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 自己啓発
    ビジネス

  • 図書館

  • 読書術マニアとしては特に目新しいことはないが、なんか同士を見つけたようでこういう本は嬉しいのである。

  • いつも目標達成している人の読書術 (アスカビジネス) 単行本
    2008/9/3 丸山 純孝 (著)

    著者は㈱東芝にて研究開発エンジニアを経て2006年独立。
    2008年現在、㈲マグ広告ドットコム代表取締役を含め3社の経営にたずさわる。

    読書術という言葉を聞くと、本を読んでインプットするというところにクローズアップされがちである。それだけでは不足しており、どんな目的を持って本を読むのかという問いに対して答えを探し続けることが求められる。
    本書の構成は以下の7章からなる。
    ①ビジネス書を読む目的を明確に
    ②欲しいビジネス書の見つけ方
    ③本を読む時間を作る
    ④多読のすすめ
    ⑤アウトプットのすすめ
    ⑥目標・夢を達成するために
    ⑦役に立つおすすめのビジネス書

    本書は読書術関連の本の中でも極めてオーソドックスな説明を行っている。しかし、体系的にとらえられているそれについては柔軟に自由に自己裁量に委ねており、読む方に対しての押しつけ等もなく、気持ちよく読むことができた。

    柔軟という点においては、買う場所はリアル書店・ネット店舗かや読み方についても精読・多読か等々その他にも多くの読書における分かれ道についての話題に触れられているものの、その人次第という点に落とし込まれている。まさしくそうであり、ルールはない。

    しかし、読書のスペシャリストの読み方を参考にするというのは得られるものも多い。

  • 自己啓発とかビジネス書苦手なんだけど読みやすかった。言葉遣いが丁寧なのと、「自分のやりかたはこうである」っていう個人の所感に徹底してて勝手に分母を大きく取らない書き方なので否定感なくて素直に受け取れたんだと思う。1つ2つ得る物があったのでよかったたまにマインドマップもどきはやってみよう…。拾い読みでもいいっていうのは大きい。

  • 読書好きのための目的達成法が色々。目的を定めるのと、アウトプットが大事。自分に合う、出来ることからというのは、読んでいてとっかかりやすかった。

  • ミステリと同じ。後ろにいくほど大切なことが。
    ポイント:①200ページを読むのに4時間かかる。②読んだらアウトプット③最初と最後を試し読み。

  • 精読派の私にはなかなかできない拾い読み的な多読のススメ。
    私は全部読みたい派だけど、本を辞書のように複数の情報が入っているアイテムとするなら、確かに全部を読むようなことはしなくていい。
    なるほど、と思ったけど、たぶん私は全部読むから抜け出せないんだろうなぁ。(笑)

    好きこそものの上手なれ、は私もいつも心にとどめておきたい一言として持ってるけど、あらためて人に言われると目から鱗が落ちたように晴れがましい気分。


    特に目新しいと思うものはなかったけれど、著者が読書とその後の情報の発信を楽しんでいることがわかる文章で、こちらもポジティブな気分にさせてもらった。

  • 読書術を学ぼうとして手にとった本だが、読み終わったあとのその先のことや、ビジネスにおける重要なことなど、+αの情報も得ることができた。

    読書術については、まあこんなものかという感じ。
    いろいろ書いてあるので、自分に合いそうな部分を抽出して実行してみれば良いだろう。自分が気になったのは以下の点。

    ・多読について
    最初から最後までを一字一句追いかけるのではない。自分にとって大切だ、ひらめいた、と直感的に感じられるところを読んだり、目的を持って本の一部分のエッセンスだけを読み取るという方法。「目的を持つ」というのが重要。

    ・読書後の行動について
    読んだ内容を行動に移すのは難しい。まず第一歩目のアウトプットとして、情報を発信すること(=ブログ)。アウトプットするために情報を整理することになるし、人とつながり、ひいては情報が集まることにもなる。

    ・ノウハウ+α
    ノウハウだけでは成功しない。わかっていても実行できない。
    大切なのは、ノウハウに何を付加するとビジネスとして成功するのか。ノウハウを実行するのに何が必要なのか。人脈?ツール?それを組み立てられれば良い。

  • 「人のふり見て我がふり直せ」
    と言いますが、
    「本のタイトル見て我がふり直せ」
    ですね。
     このタイトルを見て、しみじみと我がことを振り返りました。
     しかし、自分で自分のことを
    「いつも目標達成している人」
    と言い切れるとは、すごい。
     実際、それだけの実績を上げられている方ですが。
     振り返ってわが身をかえりみれば、目標達成どころか、そもそも目標なんてあったかどうか。
     まず目標を意識すること、そして読書をする際、その読書は目標に対してどのような位置付けなのか意識することから始めなければと思いました。
    (当然、リラックスや娯楽のための読書もありうることです。)
       http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20130707/p1

全51件中 1 - 10件を表示

いつも目標達成している人の読書術 (アスカビジネス)のその他の作品

いつも目標達成している人の読書術 オンデマンド (ペーパーバック) いつも目標達成している人の読書術 丸山純孝

丸山純孝の作品

いつも目標達成している人の読書術 (アスカビジネス)を本棚に登録しているひと

ツイートする