読んだら使える 日経新聞の読み方 (アスカビジネス)

著者 :
  • 明日香出版社
2.94
  • (1)
  • (7)
  • (3)
  • (4)
  • (3)
本棚登録 : 90
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (263ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784756914545

作品紹介・あらすじ

日経は全身で読み解け!読み、切って貼り、書き込んで、活かす!まったく新しい日経新聞の読み方。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 日経新聞読まなきゃ!と気負っていたのが、手抜きして楽しく読めるようになった。

    ぶっちゃけ、リーマンショックってなんだっけ、欧州危機ってなんなん、最近小麦とか高かったんなんで?という疑問が解決してすっきり。

    日々のニュースが現在進行形連続ドラマのに例えられていて、これまでの世界経済のあらすじを理解すると、新聞を読むのが楽しくなるというのには納得。コンパクトに理解できる最終章は、勉強になった。用語もまとめられていて、初心者には役立った。

  • ↓貸出状況確認はこちら↓
    https://opac2.lib.nara-wu.ac.jp/webopac/BB00182371

  • 今まで日経読むのがちょっと苦痛だったけどこれ読んで変わった!

  • 読了:2011/8/21

  • 日経の読み方指南本はかなり発行されているが、本書は要領をよくまとめていて、きわめて読みやすい。大学生レベルなら十分本書を用いて日経を味読できることだろう。
    <特記事項>
    ・「新聞は脚本のない無期限ドラマ上映館である」
    ・いかに手抜きして読むか、が重要=リードを読め。
    ・だれと会話しようか、というアウトプットを想定しながら読む。
    ・「日経経済用語辞典」
    ・各面のトップ記事のリードと、図面入りの記事は外せない。
    ・毎週月曜日の「景気指標一覧」は欠かせない・
    ・ロイター、NHK朝のニュース、アラタニス
    ・是川銀蔵について

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

昭和24年、大阪生まれ。証券関係専門誌を経て、昭和60年、(株)金融データシステムを設立し代表取締役に就任。わが国初の投信データベースを管理・運営。 マクロ経済から個別金融商品までにわたる幅広い分野をカバーするスペシャリストとして、各種研修、講演、テレビ解説の他、FP等通信教育講座の講師としても活躍。 主な著書に、「為替が動くとどうなるか」(明日香出版社)、「金融データに強くなる投資スキルアップ講座」(日本経済新聞社)、「日本経済新聞の歩き方」(ビジネス教育出版社)等がある。

「2022年 『図解 身近な「金利」と「お金」のことが3時間でわかる本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

角川総一の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×