日本一カンタンな人の動かし方 (Asuka business & language books)

  • 明日香出版社
3.86
  • (6)
  • (8)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 76
感想 : 12
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (201ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784756918611

作品紹介・あらすじ

明日香出版社45周年企画!
書店員さん有志と企画・制作した1冊。
「部下が言ったことしかやらない…」「上司がYESと言ってくれない…」など悩めるリーダーに向けた本です。上手にチームメンバーや上司を動かす伝え方を50の技法にまとめました。 著者は日本で唯一の「MBAマンガ家」。
巻頭と各項目のはじめ1ページは書店を舞台にしたマンガ(※コミックブックではありません)。
2色刷り、項目ごとにまとめ入りなので見やすい!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 読みやすい

  • 同じことを言っていても、コトバを少し変えるだけで、相手に与える印象って違うんだなぁ。

  • 人を動かすのって難しいよねー。
    ちょっとは参考になった。

  • タイトルは軽いし、中も漫画で気軽に読めるけど、かなり心に刺さった。

    ・目の前にあるできごとに対して「怒る」「怒らない」は自分の選択→とりあえず、今日一日怒らないと決める
    ・怒り以外の感情で伝える(感情を言葉で説明)…が困るよ、とか。
    ・愛情欲求を満たしてから注意。(2歳の子どもに、あなたのこと大好きだよ、あなたが事故に遭っちゃったら悲しいよ、だからシートベルトしめようね、とか)

    他にかかれていることも、たいてい世の中では言われていることだけど、わかりやすくて残る。

  • もっと早くに読みたかった。マネジメントの悩みを解決する方法を事例を示しながら提示。マンガ部分含めて理解し実践出来そう。

  • 職場などでのあるあるな例を使って仕事の指示の仕方や協力のもらい方などを解説。

    どれも決して難しい方法ではなくちょっとした言葉の違いや気づかいで変わるものばかり。

    そういう意味では普段から一方通行ではなく相手側の視点も考えて話が出来る人なら自然に出来ていることなんでしょうね。

    漫画が多いので読みやすいです。

  • まずは相手がどう考えてるのか考えることが大事!
    部下が全く言う事をしてなくて困り果ててる時に見つけた本です。
    書いてることを何個か実践してみました。
    あとは男女の脳の違いが自分のことを言われているようです辛かったです笑

  • MBAホルダーで漫画家の著者が人間関係を円滑にする行動や考え方について本業でもある漫画を駆使して解説した一冊。

    上司や同僚、部下との接し方や資料作成や会議やアンガーマネジメントなどが著者のMBAでの知識や実体験などに基づいて書かれており、楽しく読めて勉強になりました。
    そして、各項の初めに漫画での解説でイメージを持って本文を読むことができ、読みやすく理解が捗りました。
    また、妬みや愚痴といったよくあるケースへの対処法なども書かれており実践的に使えるものも多く、参考になりました。
    著者が2歳児の育児に奮闘していることもあって、子育てと本書での内容をリンクさせて説明している場面が時折あり、その部分は強く印象に残りました。

    そんな本書の中でも印象に残ったのは会議での意見のまとめ方などは参考になりました。
    特に議事録の作り方やグレーの使い方は実践してみようと思いました。
    また、男女の考えの違いから行動を解説しているところもすごく参考になりました。

    生活の中で遭遇する場面において、相手への気遣いによって緩衝することや行動を工夫することで衝突を回避したり、ものごとが円滑に進むことを強く感じました。
    本書でのテクニックを使えば、人間関係を良好に構築していけると感じた一冊でした。

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

MBA漫画家。神戸大学法学部卒業。英国Edinburgh’s Telford College Illustration with Design HNCコース修了。2014年グロービス経営大学院経営研究科修了。グロービス在学中より授業の学びの漫画化を始める。著書に「マンガ日本最大のビジネススクールで教えているMBAの超基本」(東洋経済新報社)など。

「2021年 『効率よく働いて機嫌のいい職場にするために マンガでわかる!驚くほど仕事がはかどるITツール活用術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

かんべみのりの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×