会社を辞めずに朝晩30分からはじめる起業 (アスカビジネス)

著者 :
  • 明日香出版社
2.93
  • (3)
  • (4)
  • (15)
  • (4)
  • (4)
本棚登録 : 140
感想 : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784756919007

作品紹介・あらすじ

将来的には『起業』して一本立ちをしたいが、今の仕事を捨ててやるのは自信がない。だから、まずは会社員をしながら自分の考えたビジネスを試してみて、うまくいくようだったら起業したい。そのために、平日の朝晩30分と週末だけ自分の会社を運営する方法。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 分割し朝晩30分で処理できるようにするということが書かれている

  • 副業を経て起業に至るステップが適度な密度で開設されている。

  • ・副業、起業が会社にばれる原因は「自慢話(身から出たさび)」。
    ・4つの切り口:
     1)知識の提供(ノウハウ系)
     2)ハコ・機会の提供(スペース・チャンス系)
     3)モノの提供(プロダクト系)
     4)技術の提供(スキル・サービス系)
    ・100の階段に分ける 無料公開は、1~20段目まで。
    ・商品構成
     1)低額フロントエンド
     2)高額バックエンド
     3)サイドメニュー的(クロスセル・アップセル)
     4)ストック型
    ・「雑所得」「事業所得」を得る副業をして、確定申告を行い、住民税を「普通徴収」で納税すれば、会社にはバレない。

  • ・読書時間:3時間

  • 起業についての自分の現状と考え合わせると余り参考になる内容はありませんでしたが、現状の仕事に対して疑問や不満を抱いている人にとっては、選択肢の幅を広げるという意味では参考になるのではないかと思われます。

  • まあまあ

  • この本はまずは出来る範囲で小さく始めましょうというコンセプトです。イケダなんとかのような、とりあえず仕事辞めて一つのことに魂集中しろ!というものではありません。

    著者が言いたいことを要約すると、

    ・ウダウダ言ってないで1日朝夜30分づつやれ。
    ・できない理由ではなく、やる理由を見つけろ。
    ・コンフォートゾーンを脱出しろ。しかし最初は少しづつ。
    ・他人や特に会社関係には副業のことは話してはいけない。
    ・小さく始める。
    ・インターネットを最大限使う。

    副業を"始める"という意味ならこの本は良いと思います。ですが、軌道に乗せる方法、軌道に乗った後のことについてはほとんど書かれていないので、他の本を読むなりした方が良いです。

    というか、どこにでもある内容なので、この本を読む意味はあまりありません。探せばもっとマシな本はあります。

  • 副業だけでなくて、趣味を強化したい人にもいい本だと思う。

  • 飴と鞭のバランスが良いです
    一歩踏み出したい、背中を押して欲しい人に向けた本です
    残念なのはもう少し具体例を多く挙げて欲しかったです

  • # 書評:会社を辞めずに朝晩30分からはじめる起業

    ## ☆3:朝晩30分でも運営できる体制意識が大事
    同じ著者の「働きながらリスクゼロで小さく稼ぐ 朝晩30分好きなことで起業する」と基本的に内容は同じだった。しかし,こちらより具体的な内容があった。

    一番印象に残ったのは,朝晩30分でも運営できるような体制の業務を行うということ。これができないと,副業として継続するのが難しいから。

    朝晩30分でできるような内容だと,メールのチェックや在庫確認,問い合わせの対応など。また,全て自分一人でやるのではなく,場合によってはアウトソーシングを活用することも視野に入れる必要があるとのこと。

    始める内容としては,自分が困ってたけれど,それを解決できたことがやりやすいとのこと。

    ## まとめ
    まずは自分のホームページやブログを用意して,こうした情報発信から初めて見るのが手軽で良さそう。

    ただ,前著と同じで具体的な内容は欠けているので,起業のやり方の一つの方法論として参考にするのが良いと感じた。

    パーマリンク:<https://senooken.jp/blog/2018/01/13/>

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

経済産業省後援事業・ドリームゲート認定専門家。パーソナルビジネスブレインズ・グループ代表。 10000人の人生を変えた「起業のプロ」。1996年、23歳で会社員のまま起業。2007年、起業支援をスタート。ラジオや雑誌などマスコミにも多数登場し、会社員のまま始める起業準備法を公開。経験・実績に基づいた、わかりやすい起業支援セミナー・ノウハウの解説には定評がある。一人ひとりの望むゴールに合わせた設計図を作り、スキマ時間に起業準備を進めるプログラム『スマホで学ぶ起業塾(通勤起業)&ダストボックスコーチング』のコンセプトを開発。現在、会社員を中心に、主婦、フリーランサー、経営者など、新規事業開発・マーケティング・海外進出を必要とするビジネスパーソンに向けてのセミナーや、自身が運営する起業コミュニティサロン(起業18フォーラム)の受講者は年間のべ1000人を超える。

「2021年 『朝晩30分好きなことで起業する』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新井一の作品

ツイートする
×