「ひとり力」のある暮らしかた

著者 :
  • アスカ・エフ・プロダクツ
3.33
  • (2)
  • (3)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 69
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784756920850

作品紹介・あらすじ

暮らしの中で、夫婦や個人が陥りがちな好ましくない習慣や考え方のクセを分析。
実例とともに、ゆるミニマリスト・阪口ゆうこ氏が、「ラクチンなのに凜とした暮らし」のメソッドを提案。
「衣」「食」「住」「お金」「コミュニケーション」などのジャンルで、今日からできる知恵をわかりやすく解説します。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「ひとり」というより「個」を確立して生きる❗️
    発見もたくさんあって面白かった

  • いまのかんじがよくわかってよかった。こういうものは自分と合ったもの近いものを読みたくなるものなんだな。

  • 大好きな阪口ゆうこさんの本。
    自分自身普段から意識している内容も多くあったが、改めてそうだよね!これでいいね!と思えることもたくさん書いてあった。特に、「心」の章は響く言葉がいくつも。
    イラストも可愛くてゆるくて、肩の力が抜けた自分の持ち方が綴られていて、繰り返し読みたい一冊になった。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1981年生まれ。月間平均250万PV超の片付けブログ『HOMEbyREFRESHERS』 管理人、整えアドバイザー。
根っからのズボラ気質のため、生まれてこのかた「片付けられない人生」を歩んできており、「一生私はカオス部屋に住むのだ」とやさぐれていた。しかし、とあることから「ゆるミニマリスト」に転身、片付けのトライアンドエラーを繰り返した結果、自身の「ものの適正量」と「本当に必要なもの」を把握、片付けの労力と時間を劇的に減らすことに成功した。
2014年にスタートした同ブログでは、「片付けられない自分」を責めてしまうマジメすぎる人に、「ハードルをぺったぺたに下げた」片付けマインドや方法をつづる。かざらないその内容は共感の嵐を生み、日本ブログ村のランキングでは「総合1位」の常連となる。
著書に『家族がいちばん。だから、きちんと選べる。きちんと使える。ゆるミニマルのススメ』(日本文芸社)、『「ひとり力」のある暮らしかた』(明日香出版社)。

「2020年 『片付けは減らすが9割』 で使われていた紹介文から引用しています。」

阪口ゆうこの作品

ツイートする
×