世界経済はもっと荒れるぞ、そして超インフレだ (アスカビジネス)

著者 :
  • 明日香出版社
3.15
  • (1)
  • (4)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 60
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784756921000

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 古今東西、財政破綻が失敗国家の必須要素になる。貨幣を大量に発行して貨幣を流通させれば経済発展という昭和のナイーブな発想は罪深い。

  • 始まったな しかし最後は株を買えって…^_^

  • 2021/10/07:読了
     勉強になった。

     ゼロ金利とコロナで大量の資金供給。
     コロナが開けると空前の金余りになる。
     お金の価値が下がるので、インフレになる。
     金融経済は崩壊する。
     リーマン・ショックを上回る、金融経済の崩壊が発生する。大混乱が発生するが、実は長期投資家の出番。
     実体経済に戻る過程であり、応援したい成長する企業の株を買う。
     崩壊のさなかは、なかなか買えないので、今から少しずつ買い始め、崩壊のピークに買い終える。

  • インフレになる。しっかりした株式を持とう。

  • 長期投資の教科書

  • 予想の当たり外れは別として、金融は実態がなくて好きになれない私にはとてもわかりやすく、同意できる考え方。エッセンシャルでかつ応援したい企業への長期投資が筆者の理念。バブルの仕組みや金融政策がうまくいっていない理由も言葉で書かれており理解できた。死に金=穴を埋める、生き金=新しい道をつくる。今まで節約=緊縮財政の方が良さそうと思っていたけど、使うことも大事。実生活への教訓。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

さわかみホールディングス代表取締役、さわかみ投信創業者。1971 年から 74 年までスイス・キャピタル・インターナショナルにてアナリスト兼ファンドアドバイザー。その後 79 年から 96 年までピクテ・ジャパン代表を務める。96年にさわかみ投資顧問(現さわかみ投信)を設立。販売会社を介さない直販にこだわり、長期投資の志を共にできる顧客を対象に、長期保有型の本格派投信「さわかみファンド」を99年に設定した。同社の投信はこの 1 本のみで、純資産は約 3300 億円、顧客数は 11 万 7000 人を超え、日本における長期投資のパイオニアとして熱い支持を集めている。著書多数。『日経マネー』で 2000 年 9月号から連載執筆中。

「2022年 『暴落相場とインフレ 本番はこれからだ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

澤上篤人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームス W....
村上 世彰
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×