音声DL付き 英語リスニングの鬼100則 (アスカカルチャー)

著者 :
  • 明日香出版社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 73
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (440ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784756921031

作品紹介・あらすじ

漫然と聞き流して慣れるだけで「いつか突然聞き取れる」日は来ません。
音声学の知見から解説する、こう聞こえる「理屈」つまり100則を理解してから
改めて聞くとみるみる聞こえてきます。
リスニングと一緒に発音も良くなるおまけ付き。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 発音記号を一度徹底的にやりたい人に良いと思う。

  • 発音に特化しているから、この本を読み進めて、同時に練習問題に取り組んでいれば、必然的に発音は向上する。ただそれは今まで自分が発音を疎かにしていたからだと思うので、単にこの本の内容の素晴らしさとは結びつかない気がする。今まで勉強全くしてなかったやつが、塾に行ったら点数伸びたとして、でもそれは塾の良し悪しを判断する材料としては不十分なのと同じ感じ。よく細分化されているとは感じるが、素晴らしいとは思わなかったなあ。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

青山学院大学社会情報学部准教授

博士(文学)

神奈川県鎌倉生まれ、横浜育ち。

専門は英語音声学、英語教育、発音指導、英語プレゼンテーション。

大学卒業後、英国University College Londonに留学し、音声学修士号(MA in Phonetics)を取得。その後、日系航空会社勤務、通訳者を経て、博士号取得。東京外国語大学、早稲田大学などの大学講師を経て現職。

最近では、政府・世界的大企業のエグゼクティブの英語アドバイザーをつとめたり、ニュースコメンテーターをつとめたりするなど、その活動は大学だけにとどまらない。

「2020年 『音声DL付き 英語リスニングの鬼100則』 で使われていた紹介文から引用しています。」

米山明日香の作品

音声DL付き 英語リスニングの鬼100則 (アスカカルチャー)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×