仕手株の鬼100則 (アスカビジネス)

著者 :
  • 明日香出版社
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784756921239

作品紹介・あらすじ

下落相場でも大きく上がる株は魅力満載。しかし「仕手筋の見えない操作」がある分、対処が難しいものです。百戦錬磨の投資家が、難しいが儲けも大きい「仕手株」」の売買方法をリアルに教授します。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 投資の成績の競争をしたら1番成績が良かったのは、株を持たなかった人という笑い話も。

    無理な資金の投入は決してプラスではない。
    自分の身の丈で見て、無理のない資金の投入。
    資金に余裕があれば「下値があれば買いたい」という気持ちになれ、一時的な損益は気にせず済む。

    一時的な急落は仕手株投資では好材料。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

早稲田大学政治経済学部卒。1939生まれ。
宇都宮工業高校から、高卒で文化放送に就職。働きながら夜学独力で大学を出た苦労人。政党機関紙の記者を23年勤めた後、住宅、金融等の著作、評論活動で独立。
明日香出版社では、『日本経済新聞を120%読みこなす法』『マンガ版 生まれてはじめて株をやる人の本』等で、10万部超のベストセラーを連発。最近は複数のペンネームで、デイトレ対応、チャートの読み方、5分足チャート、仕手株本などを手がけ、ヒットを飛ばす。投資生活45年超、著作は300を超え、安定したファンがある。

「2021年 『株「会社四季報」の鬼100則』 で使われていた紹介文から引用しています。」

石井勝利の作品

ツイートする
×