図解 身近にあふれる「元素」が3時間でわかる本 (ASUKA BUSINESS)

制作 : 左巻 健男 
  • 明日香出版社
3.50
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 70
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784756921383

作品紹介・あらすじ

私たちの生活は「元素」によって成り立っていますが、暮らしのなかでそれを意識することはほとんどありません。
本書では現在118個存在する元素のうち、本当に身近にあふれている元素だけを取り上げ、宇宙の成り立ちから人類の歴史、私たちの人体まで、縦横無尽に展開します。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 文部科学省発行の元素周期表には、「自然も暮らしも全て元素記号で書かれている」とのキャッチフレーズが書かれているが、本書はそんな元素について、元素とは何かに始まり、元素周期表の解説から、宇宙、地球、人類史、事故・事件、キッチン・食卓、快適生活、および先端技術等々の様々な観点から、元素がそれらにどうかかわっているかをわかりやすく解説している。

    本書を読んで、先述の文科省のキャッチフレーズは正にその通りと、あらためて納得した。

    ちなみに、元素は今のところ118番までしか発見あるいは生成されていないが、これで終わりではなく、本書によれば119番、120番の元素を合成すべく、日本を含め複数の国で挑戦中とのこと。
    113番元素は日本が作ったということで、「ニホニウム」の名がついたが、119番、120番でも、また日本にちなんだ名前が付けられることを強く願っている。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

東京大学非常勤講師。元法政大学生命科学部環境応用化学科教授。『RikaTan(理科の探検)』編集長。
専門は理科教育。科学コミュニケーション。
1949年生まれ。千葉大学教育学部理科専攻(物理化学研究室)を卒業後、東京学芸大学大学院教育学研究科理科教育専攻(物理化学講座)を修了。中学校理科教科書(新しい科学)編集委員。科学のおもしろさを伝える本の執筆や講演活動を行う日々を送っている。
おもな著書に『絶対に面白い化学入門 世界史は化学でできている』(ダイヤモンド社)、『暮らしのなかのニセ科学』(平凡社新書)、『図解 身近にあふれる「科学」が 3 時間でわかる本』(明日香出版社)がある。

「2021年 『図解 身近にあふれる「自然災害」が3時間でわかる本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

左巻健男の作品

ツイートする
×