図解 身近にあふれる「相対性理論」が3時間でわかる本

著者 :
  • 明日香出版社
3.00
  • (0)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 57
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784756921628

作品紹介・あらすじ

言葉自体は知っているのに、ほとんどの人がその中身をよく知らない「相対性理論」。
時空の歪みに宇宙の彼方の話まで、世にも不思議な理論を、身近な事象を交えてわかりやすく解説しました。理系に苦手意識がある方にもおすすめです。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • アインシュタインの頭の中、少しだけでも理解してみたいなと思い読んでみました。

    さまざまな理論をさらっと分かりやすく紹介してくれています。
    思わずへ〜っとうなってしまいながら読みました。

    地球とか宇宙とか、光とか重力とか、わかったようなわからないような気分。
    チンプンカンプンの私にも読むことができましたが、
    もうちょっとお勉強してからの方が、楽しく読めたかも。

  • ・良いところは残念ながらなく、科学の基礎知識を前提としていて、それぞれの論を単に簡潔に説明しているレベルで終わっているのが残念。素人でも分かる「かみ砕く」アナロジカルな説明が欲しい。

  • 相対性理論は3時間でぼんやりわかった
    はっきり見えてないものについて、大胆な仮説&間接的な実験で理論として仕上げる理系の人々すごい

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

名古屋工業大学名誉教授、愛知学院大学客員教授。大学に入学以来50年、化学一筋できた超まじめ人間。専門は有機化学から物理化学にわたり、研究テーマは「有機不安定中間体」、「環状付加反応」、「有機光化学」、「有機金属化合物」、「有機電気化学」、「超分子化学」、「有機超伝導体」、「有機半導体」、「有機EL」、「有機色素増感太陽電池」と、気は多い。執筆暦はここ十数年と日は浅いが、出版点数は150冊以上と月刊誌状態である。量子化学から生命化学まで、化学の全領域にわたる。

「2022年 『サイエンスミステリー 亜澄錬太郎の事件簿8[九州編] 偽りの才媛』 で使われていた紹介文から引用しています。」

齋藤勝裕の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
芦田愛菜
ひろゆき
伊坂 幸太郎
加藤シゲアキ
メンタリストDa...
リンダ グラット...
伊吹 有喜
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×