ユビキタス、TRONに出会う―「どこでもコンピュータ」の時代へ NTT出版ライブラリーレゾナント002

著者 :
  • NTT出版
3.24
  • (3)
  • (0)
  • (12)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757101364

作品紹介・あらすじ

すべてのモノ、場所にコンピュータを日本発!世界貢献にむけた一大プロジェクトの全貌。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • RFID周りの諸々が広くつかめる。
    日本発ユビキタスを技術・思想・背景からよく理解できる。
    本筋とは若干ずれるが、「ベストエフォート」に対する坂村教授の考えに妙に納得した。

  • 組み込みOSのTRONが何を目的として作られ、どんな反響があり、2004年当時はどんな状態にあったか、そしてこれらに加えて、情報技術に関する日本での論調の単純さと、利益偏重の馬鹿らしさを単純明快に説明した本。TRON開発者による。

  • 携帯電話に、倉庫の管理に、スイカのような形だったり
    着実に変化して来る世界
    そんな一端を担っているTRONが関わる世界を
    簡単に解説してくれるのが、この本

    すでに浸透しているけど、実際にどんな物なのか
    どんな可能性があるのか、興味がある方
    ちょうど良い入門書ではないでしょうか?

    文字も大きくて、ページ数もほどほどです。

  • TRONについて書いてあるわけではなかった。社会的な提言。

    ユビキタスは国レベルの巨大なシステムだから、制度設計が重要。そして基盤技術を使ってもらって広げるためには、いろいろ組み合わせる枠組みが必要。それで出来るのはベストエフォート型。

    「ユビキタス」は日本人が発音しやすいから選んだそう。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

東京大学大学院 情報学環 教授・工学博士
コンピュータアーキテクト(電脳建築家)。
IoTの原型となるオープンなコンピュータアーキテクチャ「TRONプロジェクト」を1984 年に開始。カメラ、モバイル端末、家電などの組込みOSとして世界中で多数利用されている。さらに家具、住宅、ミュージアム、ビル、都市などへの広範囲なデザイン展開を行っている。
2002年よりYRP ユビキタス・ネットワーキング研究所長を兼任。2009年より東京大学大学院情報学環 ユビキタス情報社会基盤研究センターセンター長を兼任。
2017年4月から東洋大学情報連携学部INIAD学部長就任予定。
IEEE Life Fellow, IEEE CS Golden Core Member。2003年紫綬褒章、2006年日本学士院賞、2015年ITU150周年賞受賞。


「2016年 『オープンIoT―考え方と実践』 で使われていた紹介文から引用しています。」

坂村健の作品

ツイートする