IOWNで未来を描くNTTの研究者たち ―若さ×情熱×想像力

  • NTT出版
2.44
  • (0)
  • (0)
  • (5)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 30
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757103986

作品紹介・あらすじ

コミュニケーションの未来をつくる
理系研究者たちの素顔に迫る

光ベースの革新的な通信ネットワーク・情報処理基盤の将来構想「IOWN」(アイオン)。2030年の商用化をめざし、急ピッチで開発をすすめるNTT研究所の研究者たちにスポットライトをあて、日々の研究生活とIOWNへの想いに迫る。

◆IOWN(アイオン)とは

スマートな世界を実現する、最先端の光関連技術および情報処理技術を活用した未来のコミュニケーション基盤のこと。Innovative Optical & Wireless Networkの略。

光技術による大容量、低遅延、低消費電力を特徴とする「オールフォトニクス・ネットワーク」、実世界の「再現」を超えたインタラクションをサイバー空間上で行う「デジタルツインコンピューティング」、クラウド、ネットワーク、ユーザICTの構築・設定および管理・運用を、一元的に実施できる「コグニティブ・ファウンデーション」、の3つからなる。

この未来の情報基盤のうえで、多くのパートナーと共同で、さまざまな社会変革をもたらすサービスを展開していくことをめざしている。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • コンセプトは良かったかもしれないが、いかんせん文章が入ってこない。ざっくり流して読むには細かい記述が多く、詳細を理解するには記載が足りない。NTTがこんなことやってんだな、というイメージが広がったのは良かったが、それ以上ではない。

  • 請求記号 547.48/O 69

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

日本電信電話株式会社 常務執行役員 研究企画部門長。工学博士。1987年日本電信電話株式会社へ入社、2014年同サービスエボリューション研究所長、2016年同サービスイノベーション総合研究所長、2018年同取締役研究企画部門長を経て、2020年より現職。一般社団法人映像情報メディア学会前会長(2018-2019)。2019年よりNTT Research, Inc. 取締役、2020年よりIOWN GLOBAL FORUM President and Chairpersonも兼務。

「2020年 『IOWNで未来を描くNTTの研究者たち』 で使われていた紹介文から引用しています。」

川添雄彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デールカーネギ...
ウォルター・アイ...
リンダ グラット...
佐々木 圭一
稲盛和夫
ジェームス W....
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×