モジュール化の終焉―統合への回帰

著者 :
  • NTT出版
3.00
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 46
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757122505

作品紹介・あらすじ

iPhoneの隆盛、クラウドの広がり、グーグルの成長…統合への回帰による産業構造の変化と、日本企業復活の可能性。歴史的考察と実証分析によるIT産業の未来像。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 図書館

  • 情報通信産業の行く末としてモジュール化と統合化を対比している。
    時事的テーマなのでその後の実際のトレンドとのかい離は否めないが、
    視点としてモジュール化の是非を提起している点は面白い。

  • 時間がなくて最後まで読めず。
    終焉の根拠や論理まで辿り着いていない。

  • 大学以来、久々に学術的な本を読んだような気がする。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

田中辰雄(たなか たつお) 1957年、東京都に生まれる。東京大学大学院経済学研究科単位取得退学。国際大学グローバルコミュニケーションセンター研究員、コロンビア大学客員研究員を経て、現在、慶應義塾大学経済学部准教授。専攻は計量経済学。主要著作・論文『ゲーム産業の経済分析』(共編著・東洋経済新報社、2003年)、『モジュール化の終焉』(NTT出版、2007年)、『著作権保護期間』(共編著、勁草書房、2008年)ほか。

「2016年 『ネット炎上の研究』 で使われていた紹介文から引用しています。」

モジュール化の終焉―統合への回帰のその他の作品

モジュール化の終焉 : 統合への回帰 オンデマンド (ペーパーバック) モジュール化の終焉 : 統合への回帰 田中辰雄

田中辰雄の作品

ツイートする