2030年の世界経済―新興国と先進国 共同リーダーシップの時代

  • エヌティティ出版
2.50
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (350ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757123373

作品紹介・あらすじ

本書のシミュレーションでは、2030年までに新興国の名目GDPは先進国の約2倍になると予測される。BRICS(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ)に4カ国(メキシコ、インドネシア、トルコ、タイ)を加えた9カ国(E9)が台頭し、G7と肩を並べる世界経済のニューリーダーになりつつある。これらの新興国の台頭は、先進国の衰退を意味するのではなく、先進国の経済の成長加速と再活性化の大きなチャンスとなり得るのだ!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『グローバル化が進んでいるなか、国家が消えているのではなく、形と機能を変えているのである。

    今、グローバル化された国家が主体である国際秩序が形成しつつある。グローバル化を国家に対する外部の力と見ることは妥当ではない。グローバル化の概念が示すのは、ボーダーの妥当性についての疑問と国家間の連携の強化だけでなく、国家自体の変身プロセスでもあるからである。

    国家は残っているし今後も残る。変わるのは国家が「やっていること」ー言い換えれば国家が果たす機能である。』

    なるほどなるほど。

  • 2014/11/12:読了
     知っているようなことばかり。
     この本は、読まなくても良い本だった。

全3件中 1 - 3件を表示

イワン・ツェリッシェフの作品

2030年の世界経済―新興国と先進国 共同リーダーシップの時代を本棚に登録しているひと

ツイートする