コ・デザイン —デザインすることをみんなの手に

著者 :
  • NTT出版
4.00
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 107
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (340ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757123847

作品紹介・あらすじ

インターネット、グローバリゼーション以降の、メディアの双方向化、情報技術の加速化、価値観の脱中央集権化等の劇的な変化が起こり、生産者中心、行政中心、専門家中心といった、一方向による施策では、さまざまな課題に対応できなくなり、双方向による共創体制が求められています。本書は、人々への参加を積極的に促すデザイン手法である、「コ・デザイン」の考え方とメソッドを説いた一冊です。
企業における部門の縦割りをこえた取り組み、企業とカスタマーのコラボレーション、行政と住民の共同体制、教師と生徒のアクティヴ・ラーニング、等々の活動に役立つメソッドと、コ・デザインの国内外のさまざまな事例を紹介していきながら、著者オリジナルなアイディアを展開していきます。

*コ・デザイン(Co-Design)とは?
デザイナーや専門家と言った限られた人々によってデザインするのではなくて、実際の利用者や利害関係者たちをプロジェクトの中に積極的に巻き込みながらデザインしていく取り組みのこと。Coは、接頭語で、「ともに」や「協働して行う」という意味。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • デザインする側、される側(ユーザー)の関係ではなく、コ(co)共にデザインをしていくための本。デザイナーがいて、デザインしていくと思われがちだが、そういったされる側を消費者に、受け身にしていく態度ではない。

    また、西洋的な価値観で人間にとって都合が良いものだけ断片的にデザインされてきたが、そうではなく、自然との関係も含めこれまでの境界をゆるめてバランスの取り方を工夫する必要がある
    ー東洋思想的なデザイン?

    教育にも触れられている。パウロフレイレのエンパワーメント、イリイチのコンヴィヴィアリティ、アダムカヘンのコラボレーション、ドナルドショーンの省察的実践、佐伯胖、ヴィゴツキーの発達の最近接領域、当事者研究。

  • デザイナーに限らず、サービスやなにかを作っている仕事をしている人は全員読んだ方がいい
    デザインやデザイナーの再定義を見事にやりきっておられて頭が下がります。ずっと読んでいくことになりそうな本でした

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

専修大学ネットワーク情報学部教授。社会性や当事者性への視点を強め、デザイナーだけでは手に負えない複雑な問題に取り組むためのコ・デザインの仕組みづくりや、人類学を背景とした自律的なデザイン理論の再構築について研究している。

「2020年 『コ・デザイン』 で使われていた紹介文から引用しています。」

上平崇仁の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
カズオ・イシグロ
佐久間裕美子
ジェームス W....
有効な右矢印 無効な右矢印

コ・デザイン —デザインすることをみんなの手にを本棚に登録しているひと

ツイートする
×