ソーシャルパワー:社会的な“力”の世界歴史〈1〉先史からヨーロッパ文明の形成へ (叢書「世界認識の最前線」)

  • NTT出版
3.00
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 34
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (637ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757140448

作品紹介・あらすじ

経済・軍事・イデオロギー・政治-4つの"力"の創造的相互作用をディアレクティクに分析。「国民国家」がつくりあげた一元的社会観を打ち砕き、真の世界歴史を構築する。すぐれて今日的問題意識から生まれた歴史社会学の記念碑的成果。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 社会とは互いい重なり合って交差し合う複合的な力のネットワーク群によって構成される社会空間。
    社会とは何でないか?
    一元的なものでない。

    システム論、構造主義、進化論などの放棄

    中心問題は組織、統制、ロジスティクスと通信

    人と領域を組織し、統制する能力


    社会学理論の提起した問題
    ーー究極的な主要因ないし決定要因の問題。
    社会階層形成要素の主要な次元とは何か?

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1942年マンチェスター生まれ。英語圏で最も影響力のある歴史社会学者の一人。著書に、『』ソーシャル・パワー――社会的な〈力〉の世界史』(NTT出版)などがある。

「2019年 『資本主義に未来はあるか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

マイケル・マンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部みゆき
ヴィクトール・E...
リチャード・ドー...
ウンベルト エー...
カール・ポラニー
スティーブン・ピ...
國分 功一郎
サミュエル・ハン...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×