大学はなぜ必要か

制作 : 学術研究フォーラム 
  • エヌティティ出版
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757141810

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • <閲覧スタッフより>
    大学教員が学びのおもしろさを語った本、学生がゼミや授業で学んだ成果をまとめた本を集めました。大学での学びがよく分からない方、さまざまな学びに興味のある方、ぜひご覧ください!
    --------------------------------------
    所在記号:377.04||カケ
    資料番号:10192933
    --------------------------------------

  • いろいろあって読んだ。
    現状の解説や、課題なんかが浮かび上がってきて面白いんだけど、
    それをテーマにもっと「解決案編」があればおもしろかったのにな。

  • 説明が不十分だったり、もう一歩突っ込んだ検証をしてほしいところがあったり、そもそも主張自体に賛同しかねる部分があったりするが(複数の著者による本であるので仕方ないのかもしれないが、自己矛盾に陥っている感もある)、色々な側面から大学について述べられているので、大学というものについて考えるきっかけとしてはいいと思う。「第3章 研究と大学」は結構ためになる。

  • 『大学はなぜ必要か』(学術研究フォーラム編、2008年、NTT出版)

    大学の必要性を、社会、研究、教育の観点から検証している。ただ、表面上の検証にとどまっている感がある。

    個人的に、「研究と大学」の章では、科学技術における大学の役割を知る上で参考となった。

    (2009年6月6日)

全5件中 1 - 5件を表示
ツイートする