千年残る日本語へ

著者 :
  • NTT出版
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (179ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757142626

作品紹介・あらすじ

日本語文学の豊饒な可能性。ポストモダン時代の「永遠の感覚」を求めて。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 学作品や翻訳作品他の中から「美しい日本語とは何か」について考える。大和言葉において物語の「もの」とは目に見えないもの(中略)、鎮魂の行為を意味するのだという(-ิ_-ิ )

    The book will show us what is beautiful Japanese through introducing some literary works.

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

とみおか・こういちろう
一九五七年東京都生まれ。文芸評論家、関東学院大学国際文化学部比較文化学科教授、鎌倉文学館館長。中央大学文学部仏文科卒業。一九七九年、「意識の暗室 埴谷雄高と三島由紀夫」で第二二回群像新人文学賞評論優秀作受賞。西部邁の個人誌「発言者」と後継誌「表現者」に参加し、「表現者」編集長を務める。『内村鑑三 偉大なる罪人の生涯』『使徒的人間 カール・バルト』『天皇論 江藤淳と三島由紀夫』『古井由吉論 文学の衝撃力』ほか著書多数。

「2021年 『危機の日本史 近代日本150年を読み解く』 で使われていた紹介文から引用しています。」

富岡幸一郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×