24/7 :眠らない社会

  • NTT出版
3.50
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 54
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757143319

作品紹介・あらすじ

現代社会の「知覚の危機」を考察する長編エッセイ。いまや情報管理社会は、人々の睡眠時間をコントロールするまでに至っている。人々は24時間、情報や視覚イメージの生産・消費機構の中におかれ、眠らない世界=24/7に住むようになりつつある。映画、美術作品などを例に挙げつつ、アメリカの現代美術史を代表する碩学が問いかける警世の書。

※24/7:「24 hours/7 days a week」 1日24時間・週7日。「休みなくずっと」という意味。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 新着図書コーナー展示は、2週間です。通常の配架場所は、3階開架 請求記号:365.5//C91

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784757143319

  • インターネットポルノや暴力的なコンピューターゲームに関連する準中毒症でさえも、たちまち反応を平坦にし、反復の必要性を快楽と取り違えるようになる。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

【著者】ジョナサン・クレーリー:1957年生まれ。コロンビア大学教授(美術史・芸術理論)。プリンストン大学建築学科客員教授。著書に『観察者の系譜・新装版』(以文社)、『知覚の宙吊り』(平凡社)などがある。

「2015年 『24/7 眠らない社会』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ジョナサン・クレーリーの作品

24/7 :眠らない社会を本棚に登録しているひと

ツイートする
×