コンテクストの読み方 ―コロナ時代の人文学 (人文知の復興)

著者 :
  • NTT出版
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757143579

作品紹介・あらすじ

コロナ禍で不安の高まる時代に、人文学にできることは何か──。一つの事象を様々なコンテクストから読み解く文学研究の技法を知ることで、私たちの人生はより豊かなものになると著者は語ります。本書はブルデュ-、カミュ、フロイトそして漱石などの技法をもとに、ポスト・トゥルースの時代と呼ばれる今ふたたび注目される文学・漫画・映画を取り上げ、多様な読みの方法論を入門・対話形式でご紹介します。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 摂南大学図書館OPACへ⇒
    https://opac2.lib.setsunan.ac.jp/webopac/BB50257651

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

2021年12月現在
大東文化大学文学部教授

「2022年 『日本文学の見取り図』 で使われていた紹介文から引用しています。」

千葉一幹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
小泉 義之
鈴木哲也
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×